イギリスにない日本の食材&ロンドンの主な日系スーパーリスト

米と味噌と醤油がないと生きていけないので、日々和食を自炊している。

最近日本食がブームで取り扱う日本食材が増えてきたとはいえ、イギリスにはないものもある。
イギリスには何があって何がないのか、目安に書いていく。

前提として、日系スーパーにいけば、「手に入らない」カテゴリのものでも大部分は手に入れられるので、ここではイギリスのスーパー事情ということで。

意外と手に入りやすい日本食材(普通のスーパーにも割と売っているもの)

  • 日本米(なぜかsushi riceという名前で売られている場合がある。別に酢とか入っているわけではなく普通のコメである)
  • 醤油、みりん、米酢など基本の調味料
  • のり
  • カニカマ
  • 豆腐(日系のものでないと不味いけど)
  • いくら、カニの身(レア)
  • しいたけ(レア。)
  • その他キノコ。しめじやえりんぎなど(レア)
  • 日本のアサヒビール

※最後の四つは同じスーパーでも店舗や規模にもよって取り扱いが異なる。

スーパーではあまり売っていないが、マーケットやオフライセンスには売っているもの

※オフライセンスとは、街中にどこでもある小さなコンビニのようなもの(しかし日本のコンビニとはだいぶ違う)で、野菜や果物も売っているところもある。インド人や中東の人が経営してることが多い。

  • 大根(スーパーでも売っているところもあるが、レア)
  • 白菜(同上)
  • チンゲン菜(同上)
  • 日本のほうれん草
  • 内臓(モツやハツ、砂肝、タンなど。ブッチャーズと呼ばれる肉屋に売っている確率高し)

どこにもないもの

  • ごぼう
  • スライス肉(塊かミンチしかない)
  • こんにゃく
  • 魚のすりみ
  • ピーマン(緑のパプリカはどこでも売っているが、苦くない。ピーマンとは違う)
  • 山芋
  • 海藻全般
  • 当然だが日本のお菓子など

※これらも、日系やアジア系スーパーにいけば手に入る。高いけど。

また、日本ではメジャーな洋食も意外となかったりする。→イギリスでは手に入らない? イギリスでマイナーな日本の洋風食品とは?


上記のリストについて、さらに掘り下げた記事もあるのでぜひご覧いただきたい。

イギリスの野菜事情についてもっと詳しくはこちら。

イギリスにない日本の野菜〜野菜事情はどれだけ違う?

肉事情はこちら。

【料理・食文化】イギリスの「肉」事情について語ろう

魚事情はこちら。

イギリスの魚事情:一番美味しい刺身とは何か?

ロンドンの主要な日系スーパー

こうした日本食材が欲しい時、頼りになるのが日系スーパーだ。日本の食材をずらりと取り揃えた、在英邦人には宝の山のような場所である。

ロンドンの主要な日系スーパーは以下の通り。また、これ以外にも韓国や中国系のスーパーで日本食材を置いているところも多い。

rice wine 

住所:82 BREWER STREET, SOHO, LONDON W1F 9UA

ロンドンのセンターにある。安さならここがナンバーワン。小さいお店だけど、一通りのものはそろっている。鮮魚などは売っていない。惣菜もあり。

Japan Center

住所:19 Shaftesbury Ave. London W1D 7ED

ロンドンのセンターにあるお店。上のライスワインと近い。

あらゆる食品はもちろん、調理器具や日本の雑誌までそろう。鮮魚や鮮肉コーナーもある。刺身を売っているのはありがたい。惣菜もあり。あんぱんなど日本ならではのパンも買える。ただ割高。

T.K Trading

住所:Unit7 The Chase Centre, 8 Chase Road, Park Royal, London NW10 6QD

ロンドンの西側にあるお店。

ここも品ぞろえはとてもいい。食品、器具、雑誌、雑貨など。オンラインショッピングサービスも充実。惣菜もあり。

Atariya

魚介、寿司に力を入れている。ロンドン内にいくつか店舗があり、寿司レストランが併設されている店もある。魚を買うならここかな。ただ中心部に店舗がないので私はあまり行ったことがない。その他肉、野菜、日本食材、調味料なども売っている。

Natural Natural

オーガニック食材も売っている日本食材店。フィンチリーロードとイーリングコモンの2ヵ所にある。日本の食品(惣菜、生鮮含む)、飲料、新聞などを扱っている。

同じ企業グループが日本人経営のマッサージ店、トリートメントサロンなども持つ。


ちなみに、イギリスの主なスーパーの種類についての説明はこちらを参照。

イギリスのスーパーの種類と格付け表

その他、イギリスの食文化に興味のある方はこちらをどうぞ。

【過去記事まとめ】イギリスの食文化がまるわかり!レストラン情報まとめ有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。