「アイアイサー」の語源とスコットランド語・海軍との関係とは?

英語

「アイアイサー」という「了解!」の意味のフレーズについて、疑問に思ったので調べてみた。

「イエッサー(Yes Sir)」と似ている。

漫画などでしか見たことがないが、軍隊などで上司に命じられたことに対して部下が「かしこまりました!」の意味で使っている場面がすぐ思い浮かぶ。どちらも同じような用法で使われているように思える。

だが、「アイ」とは何か。私は、この「アイ」がスコットランド人が「Yes」の意味で使う「Aye」であり、「Aye Aye Sir」なのではないか?と思っていた。起源を調べてみると、まあまあ遠からずといったところのようだ。

「Aye」を「Yes」の意味で使う文化

「Yes」の意味で「Aye(アイ)」を使うのは、スコットランド英語の特徴として良く知られているが、スコットランドだけでなく、アイルランド、北イングランドでも使われるらしい。

同じスペルまたは「ay」と書く古英語で、「永遠に」という意味の単語もあるようだが、こちらは今ではほぼ使われない。

さて、この単語の起源だが、おそらく中英語の「a ye(oh yes)」が由来ではないかと言われている。音はそのままに、oh yesがyesの意味になったというところだろうか。

中英語とは、中世の時代の英語という意味で、細かく言うと1066年のノルマン・コンクエストから15世紀後半までに使われていた英語を指す。

この時代のイギリスについて知りたい方はこちら。

議会と海軍で使われるようになった「Aye」

この「アイ」は、16世紀後半~17世紀前半頃に、スコットランドやアイルランドなどの地域語だけでなく、普通の英語にも取り入れられるようになった。しかし、こんにち(地方の方言以外の)通常の英語で使われるのは、議会と海軍という特殊なコミュニティにおいてのみである。

イギリスの議会では、法案の可決・否決を決める際、「yes」「no」の代わりに、「aye」「no」を使うのが正式であるという。オーストラリア、ニュージーランドでも同様だという。カナダでは少し変わって「yea」「nay」となるらしい。

海軍での「アイアイサー」のルール

海軍でも「Aye」は使われる。冒頭で述べたように、「Aye Aye Sir」としてである。

また、「Aye」の数によっても微妙な違いがあるようで、「Aye」1回だと、単に「命令を理解する、了解する」という意味で、「Aye Aye」だと「命令を理解し、実行する」という意味になるらしい。つまり後者は実行を確約している、という意味がプラスされるのだ。

ちなみにアメリカも「アイ」を採用しているが、この回数の決まりについては、海兵隊や海軍など機関によってルールが異なるようである。

「イエッサー」と「アイアイサー」の違い

では「イエッサー(Yes Sir)」との違いは何なのかというと、

Yes Sir=命令ではない話題に対する同調

Aye (Aye) Sir=命令に対する同調

であるらしい。つまり命令ではない普通の質問に対しては「イエッサー」を使い、命令に対しては「アイアイサー」を使うということだ。


「アイアイサー」から発展して調べてみたら、なかなか面白い歴史を持っていることがわかった。

イギリスの英語以外の言語についてもっと知りたい方はこちらをどうぞ。

その他、英語に関する記事はこちらから。