海外生活全般

海外生活全般

イギリス生活に「慣れ」て行き詰まりを感じたので、自分なりに前に進む方向を考えた

クリスマスシーズンも過ぎ、もうすぐ2019年の終わりという今、これを書いている。この記事を2020年の抱負発表の代わりとしよう。 最近、イギリスでの生活に行き詰まりを感じたので、それを打開するために色々考えていたら、気づくこともあったので、忘備録も兼ねて書いておきたい。 イギリスでの生活に「慣れ」た時 最近、イギリスに住んでから丸5年を迎えた。住む場所を変える、しかも自分の育った文化と全く異...
2020.05.07
旅行

旅先で墓の写真を撮るのはいいのか悪いのか

ヨーロッパ旅行では墓地によく行く。半ば観光地化している有名な墓地だから入ることもあるし、緑豊かな公園だと思って入ったら墓地だった、ということもある。 骨を並べた洞窟・カタコンベなんかは、「未知の何か」な雰囲気が詰まっていて大好きだ。 ただ、お墓を写真に収めるのは倫理的にいいのだろうか、といつも戸惑う。他の人はどうしているのだろう。 日本なら、他人のお墓にカメラを向けるの自体不謹慎な感じがする...
2018.03.10
旅行

ヨーロッパの格安飛行機「Ryanair」を使うときはビザチェックに注意! 

ヨーロッパでも格安飛行機はメジャーな交通手段の1つとなっている。 イギリスからヨーロッパに行く時によく使われる格安航空会社2大トップが「easyjet」「ryanair」である。 これらを使えば、ヨーロッパ間の旅行は驚くほど安く行ける。往復70ポンドや80ポンドで海外に行けてしまうんだから、日本の国内旅行より安かったりする。 だが、日本国籍の人は気を付けないといけないことがある。 EUやイ...
2018.03.05
英語

英語の電話で聞き取ってもらえないときに役立つツール

英語を勉強している過程、または英語圏の海外生活でぶつかる英語の壁は何と言っても「英語での電話」である。 対面で会話はできても、どうも電話では相手の言っていることも聞き取れないし、こっちの言っていることが伝わらない、という経験をした人は多いはず。そして英語での電話は怖い/嫌いな人も多いだろう。 私も未だに英語での電話は苦手意識がある。なんなら日本語でもそんなに得意ではない。顔が見えないから相手の...
2018.03.05
海外生活全般

海外生活で心身が疲れたときに効く食事法

生きていれば山の時期もあり谷の時期もある。生きていればストレスはやってくるもの。 私の場合はイギリスに住んでいるけれど、数年過ごした今でも、文化の違いや考え方の違いをストレスに感じることが多々ある。 「病は気から」は正しい 自分を観察しているうちに、心が折れそうになるくらい不調の時には、たいてい身体の具合も不調であることに気づいた。 「病は気から」というように、だいたい心が沈む時は、睡眠不...
2020.05.10
ロンドン・イギリス生活

「在留届」の登録は海外在住者の義務。知ってないとマズイ! 

イギリスに暮らして2年半、こっちに住んでいる日本人の人にもちょくちょく会うが、在留届を知らない人が結構いる。 かくいう私も、こっちに来るまで「在留届」の存在を知らなかった。ビザを申請する時も、役所で住民票を抜く時も、海外に移住する一連の手続きの中で在留届というものを知る機会は一度もなかったからだ。 だが、海外在住者にとって「在留届」を提出するのは、日本の法律で決められた義務である。 在留届と...
2020.06.01
旅行

2017年6月からSIMデータ料金がヨーロッパで統一! 

ヨーロッパを旅行する人、在住者に嬉しい知らせが発表された。 2017年6月14日から、ヨーロッパ内での携帯電話通話料、テキスト料、データ通信量がすべて統一されるという。 私はイギリス在住でgiffgaffという通信業者を使っているのだが、先日そのお知らせが来た。イギリスで今現在使っているSIMカードが、6月14日よりヨーロッパ圏内で同料金で使えるようになりますよ、という内容だ。 このルールは...
2018.05.09
海外生活全般

「白馬の王子様」が現実世界にどれくらいいるか検証してみた

この間ニュースでイギリス王室のハリー王子を見ていてふと思った。「白馬に乗った王子様」とよく言うが、実際にそんな人は何人いるんだろうか。 「白馬に乗った王子様」が「若くてイケメンでお金持ちなジェントルマン」の比喩であることは私もよくわかっている。 でも実際の「白馬に乗った王子様」も王族なのだから金持ちであることは間違いないし、品よく振る舞うジェントルマンであることはまあ約束されているだろう。イケ...
2017.12.12
海外生活全般

海外に住む動機は、意識高いものより「好奇心」の方が後々いい

海外に住んでいると、現地の人から、そして同じ地に住む日本人から、「なんでここに来たの? 理由は? きっかけは?」とよく聞かれる。転勤、留学、ワーホリ、結婚……いろいろな要因があるけれど、とくにその中でも、留学とワーホリは理由の種類が人によってさまざまに違うだろう。 私の住んでいるイギリスを例に考えてみよう。私が最初に渡英したビザはワーホリだった。今は欧州人と結婚して配偶者ビザ。 「日本でも同じ...
2020.02.12