イギリスのスーパーの種類と格付け表

イギリスのスーパーにも高級スーパー、普通スーパー、格安スーパーとある。どれも大手チェーンで広く展開している。

完全に私見で、ロンドンで普段使っているイギリスのスーパーをランク付けしてみようと思う。店舗数はロンドン内を私が見た感じの印象。

高級スーパー

Wholefoods(ホールフーズ)

アメリカ発祥の洗練されたインテリアを持つスーパー。値段は最高峰だが品質はよく、オーガニック食品や惣菜、商品ををメインに扱う。中でデリカウンターがあってイートインできるスペースがある店舗もある。店舗数は多くない。

M&S(Marks & Spencer マークス&スペンサー)

高級チェーンスーパー。デリが美味しい。酒類が高い。

Waitrose(ウェイトローズ)

こちらも高級スーパー。価格はものによってはM&Sより高かったり安かったりする。オーガニック系の品ぞろえもよし。野菜が新鮮で長持ちするのでお気に入り。

イギリスのスーパーWaitroseはお土産の宝庫!お土産のヒントを写真つきで紹介

普通(中程度の価格帯)のスーパー

Sainsbury’s(センズベリー)

どこにでもある普通にして必要十分、便利なスーパー。24時間営業、長時間営業の店舗もある。価格はテスコとおなじくらい。

Tesco(テスコ)

上に同じで、どこにでもある庶民の味方。こちらも品揃え豊富で、必要十分にいいスーパー。

格安スーパー

Aldi (アルディ)

ドイツ系の格安スーパーマーケット。とにかく安い。なんでも安い。ドイツ系のチーズや美味しいソーセージなどが買える。

野菜は安いわりにぴちぴちしている、気がする。でも生肉とか生鮮食品は、うーん、あまり買わないかな。他のスーパーに比べて店舗は少ない。

Lidl(リドル)

こちらもドイツ系の別会社のスーパー。品揃えは上のアルディと似ている。ドイツ人の夫がドイツの肉製品を懐かしんで買うお気に入りの場所。やはり他のスーパーに比べて店舗は少ない。

激安スーパー

Iceland(アイスランド)

とにかく安い。本当になんでも安い。肉や野菜も売ってはいるが、品質的にあまり私は買っていない。冷凍食品の充実度はイギリス随一。


ひとつ個人的に謎なスーパーがあって、Morrisons(モリソンズ)。私はこの位置づけがよくわからない。というのも、私の今までの生活圏内にあまりなかったので、入った回数も少ないからだ。

これは一般的にはWaitroseの一つ下くらい?の高級(&オーガニック)スーパーだとよく聞くんだけど、個人的にはあんまりそんな感じしない。センズベリーかそれ以下みたいなイメージ。私が入った店舗がなんかあれだったのかな…。

ま、あくまで私の感想なので。

やはり高級スーパーの商品は質がいい

食費節約のために格安スーパーを使った時もあったけど、やっぱ質はそれなり。

Waitroseの野菜を初めて買った時に、すごい新鮮でびっくりした。すっごく甘いトマトとか、イギリスでは珍しいイクラやカニ(缶詰とか瓶詰めだけどね)魚介も充実しているし、日持ちも全然長いし。

それで、普段行くスーパーをWaitroseにしてみたら、1週間にスーパーで使う食費は3~4ポンドくらいしか違わなかった。野菜はそんなに高くないからかな。なーんだ、週3ポンドでこんなに満足できる食生活になるのなら、最初からそうすればよかったな、と思ったり。

もちろんSainsbury’s やTescoも普段使う。便利だし。

超巨大スーパーは楽しい

ちなみに、アメリカのコストコのようなでっかーい店舗もロンドンに数少ないけどある。

  • 東ロンドン、WhitechapelのSainsbury’s 住所:1 Cambridge Heath Rd, London E1 5SD
  • 西ロンドン、Earl’s CourtのTesco 住所:W Cromwell Rd, Kensington, London W14 8PB

広くて1度では回り切れないほど。家からはWhitechapelの方が近いからたまに行くけど、そのたびにわくわくする。

イギリスの食文化に興味のある方はこちらもどうぞ。

【過去記事まとめ】イギリスの食文化がまるわかり!スーパーや日本食事情も

コメント