イギリスのスーパーの種類と格付け表

2018年3月4日

イギリスのスーパーにも高級スーパー、普通スーパー、格安スーパーとある。どれも大手チェーンで広く展開している。

完全に私見でイギリスのスーパーをランク付けしてみようと思う。店舗数はロンドン内を私が見た感じの印象。

高級スーパー

Wholefoods(ホールフーズ)

オーガニックスーパー。値段も質もWaitroseと拮抗する又はもっと高く、店内がお洒落なイメージ。店舗数は多くない。

Waitrose(ウェイトローズ)

代表的な高級スーパー。オーガニック系の品ぞろえもよし。価格は高いが品質も高い。

M&S(Marks & Spencer マークス&スペンサー)

Waitroseより価格は優しいが、それでも高級。デリが美味しい。自社ブランド多数。

普通のスーパー

Sainsbury’s(センズベリー)

どこにでもある普通にして必要十分、便利なスーパー。24時間営業、長時間営業の店舗もある。価格はテスコとおなじくらいだけど、なんとなく食べ物の品質がテスコより良い気がする。

Tesco(テスコ)

上に同じだが、私は2択ならなんとなくセンズベリーの方に行きがち。とはいえこちらも必要十分にいいスーパー。

格安スーパー

Aldi (アルディ)

ドイツ系の格安スーパーマーケット。とにかく安い。なんでも安い。ドイツ系のチーズや美味しいソーセージなどが買える。

野菜は安いわりにぴちぴちしている、気がする。でも生肉とか生鮮食品は、うーん、あまり買わないかな。他のスーパーに比べて店舗は少ない。

Lidl(リドル)

上に同じ。ドイツ人の夫がドイツの肉製品を懐かしんで買うお気に入りの場所。他のスーパーに比べて店舗は少ない。

激安スーパー

Iceland(アイスランド)

とにかく安い。本当になんでも安い。肉や野菜も売ってはいるが、品質的にあまり私は買っていない。冷凍食品の充実度はイギリス随一。


ひとつ個人的に謎なスーパーがあって、Morrisons(モリソンズ)。私はこの位置づけがよくわからない。

これは一般的にはWaitroseの一つ下くらい?の高級(&オーガニック)スーパーだとよく聞くんだけど、私的にはあんまりそんな感じしない。私が入った店舗がなんかあれだったのかな…。

店舗もそこまで多くないから入った回数も少ないけど。センズベリーかそれ以下みたいなイメージ。

ま、あくまで私の感想なので。

やはり高級スーパーの商品は質がいい

食費節約のために格安スーパーを使った時もあったけど、やっぱ質はそれなり。

Waitroseの野菜を初めて買ったときに、すごい新鮮でびっくりした。すっごく甘いトマトとか、イギリスでは珍しいイクラやカニや魚介も充実しているし、日持ちも全然長いし。

それで、普段行くスーパーをWaitroseにしてみたら、1週間にスーパーで使う食費は3~4ポンドくらいしか違わなかった。野菜はそんなに高くないからかな。なーんだ、週3ポンドでこんなに満足できる食生活になるのなら、最初からそうすればよかったな、と思ったり。

もちろんSainsbury’s やTescoも普段使うけど。便利だし。

超巨大スーパーは楽しい

ちなみに、アメリカのコストコのようなでっかーい店舗もロンドンに数少ないけどある。

  • 東ロンドン、WhitechapelのSainsbury’s 住所:1 Cambridge Heath Rd, London E1 5SD
  • 西ロンドン、Earl’s CourtのTesco 住所:W Cromwell Rd, Kensington, London W14 8PB

広くて1度では回り切れないほど。家からはWhitechapelの方が近いからたまに行くけど、そのたびにわくわくする。

イギリスの食文化に興味のある方はこちらもどうぞ。