エディンバラのスコッチウイスキー製造過程見学ができる施設が楽しい

スコットランドの都市エディンバラの中心地にある「whisky experience」では、ウイスキーの製造過程について学ぶことができる。いわゆる工場見学に近いけれど、これが実に楽しかったのでおすすめしたい。

エディンバラの「whisky experience」

製造過程見学ツアーのみ、製造過程見学+テイスティング、など、いくつかコースがある。私はテイスティングもあるコースに行った。

ツアーの時間は決められていて、所要時間1時間ほど。時間に余裕を見て行かれたし。

ツアーは、ディズニーのアトラクションみたいな形式になっていて、ウイスキー樽の形をした乗り物に乗せられて、説明を見て回るのだ。複数言語対応の解説オーディオを渡されるので、日本語でも説明が聞ける。

乗り物から降りると、少しの間解説パネルを見ながらオーディオを聞いて回る。

img_20150918_174734467

樽の中で、ウイスキーは少しづつ蒸発していく。その蒸発した分を「天使の分け前(The Angel’s share)」と言う。なんか可愛い。

上の解説パネルに示されている通り、1年、3年、10年、25年で蒸発する量がどんどん増えていく。25年もののウイスキーが超高くなるのは、6割しかとれないからなのね。

その後、テイスティングの部屋に通される。このテイスティングが楽しかった。

4つの地域の代表的なウイスキーを嗅ぎ比べ・飲み比べる。実際に香りを嗅いでみると、それぞれの地域に特徴があって、全然違う傾向があることがわかる。

ここでは、指でこすると地域ごとの香りを嗅げるシートを渡される。それぞれの違いを確認した後、実際にウイスキーを飲んで、どの地域かを当てるクイズのような形式だった。自分の好き嫌いもわかる。

ツアーが終わると、自分が使ったウイスキーグラスは持ち帰ることができる。これはうれしい。

img_20150918_181620833_hdr

中には、3000本以上ものボトルがずらり。このコレクションは、ブラジルのClaive Vidizというウイスキーマニアが35年かけて集めたもの。   

img_20150918_182809040

ツアーを終えてバーカウンターがあるホールに行くと、変わったデザインのボトルコレクションも並べられていた。

img_20150918_182822730

犬の形をしたボトル、めちゃくちゃかわいい。欲しい。

img_20150918_182832922中にショップもあって、お土産にウイスキーやおつまみを買える。その場でもっと飲みたい人は、バーカウンターで注文もできる。

エディンバラに行く人には、ぜひこのウイスキー学習、おすすめしたい。1時間程度で少し詳しくなるし、とても楽しく学べるよ。


Scotch Whisky Experience

住所:354 Castlehill, The Royal Mile, Edinburgh EH1 2NE

ここで学んだ、スコッチウイスキーのタイプ別味の違いはこちら。

エディンバラで学んだ、超シンプルなスコッチウイスキーの地域別解説

アイリッシュウイスキー蒸留所体験の記事はこちら。

アイリッシュ・ウイスキー蒸留所ツアーを体験してきた