【統計から読む】イギリスの子供の名前トップ10に「ムハンマド」が入り始めた

2017年9月25日

統計でイギリスを読むシリーズ。

今回はイギリス国家統計から「2016年イングランドとウェールズの子供の名前トップ10」(2017年9月時点で最新版)。

参考資料:Baby names in England and Wales: 2016(PDFもあり)

2016年の子供の名づけ状況

England and Wales
  男子   女子
出生数 357,046   339,225
登録された名前の種類の数 28,274   35,645
トップ100に入る名前をつけられた子の数 181,730 (51%)   142,257 (42%)
トップ10に入る名前をつけられた子の数 46,601 (13%)   33,624 (10%)
名前の登録がなかった子 12   8

男女別子供の名前トップ10

男子

  1. Oliver(オリバー)
  2. Harry(ハリー)
  3. George(ジョージ)
  4. Jack(ジャック)
  5. Jacob(ジェイコブ)
  6. Noah(ノア)
  7. Charlie(チャーリー)
  8. Muhammad(ムハンマド)
  9. Thomas(トーマス)
  10. Oscar(オスカー)

女子

  1. Olivia(オリビア)
  2. Amelia(アメリア)
  3. Emily(エミリー)
  4. Isla(アイラ)
  5. Ava(アヴァ/イヴァ)
  6. Isabella(イザベラ)
  7. Lily(リリー)
  8. Jessica(ジェシカ)
  9. Ella(エラ)
  10. Mia(ミーア)

今回の統計では、以下のことがわかった。

  • 一番人気の名前は、男子がオリバー、女子がオリビア。オリビアは2011年からずっと女子名1位だったアメリアを抜かしてトップに輝いた。オリバーは2013年から1位を保ち続けている。
  • 2015年のデータと比較すると、男子名ムハンマドがウィリアムにとってかわった。
  • 男子名トップ10のうち5つ(オリバー、ハリー、ジャック、チャーリー、ト―マス)は、2006年にもトップ10入りしていた。2006年のデータと比較すると、大幅に順位を上げたのはノア(41位→6位)、オスカー(36位→10位)、ムハンマド(35位→8位)だった。

  • 女子名トップ10のうち4つ(オリビア、エミリー、リリー、ジェシカ)は、2006年にもトップ10入りしていた。2006年のデータと比較すると、大幅に順位を上げたのはアイラ(89位→4位)、アヴァ(55位→5位)だった。

ムハンマドがトップ10に入ってきたのは、イスラム教徒増加が背景にあるのだろう。時代の波が見える結果だ。

豆知識:オリバーとオリビアの由来

一番の人気の名前オリバーは、ラテン語のoliva(オリーブ)に由来する。その女性形がオリビアである。

オリバーは中世からヨーロッパ全体で人気の名前となるほど古くからあるが、オリビアはシェイクスピアが戯曲「十二夜」で使ったのが初出であると言われる。シェイクスピアは男性名「オリバー」をもとにして、オリビアという名前を作ったのではないかとされる。

男子名「ムハンマド」が一番人気の地域は?

人気名の地域ごとの統計も出ている。

地域 一番人気の男子名 一番人気の女子名
イングランド(全体) Oliver Olivia
北東イングランド Harry Olivia
北西イングランド Oliver Olivia
ヨークシャーと and The Humber Oliver Amelia
イースト・ミッドランズ Oliver Amelia
ウェスト・ミッドランズ Muhammad Amelia
東イングランド Oliver Olivia
ロンドン Muhammad Amelia
南東イングランド Oliver Olivia
南西イングランド Oliver Olivia
ウェールズ Oliver Olivia

ムハンマドが1位に躍り出た地域がある。ロンドンとウエスト・ミッドランズだ。

この結果には正直驚いた。ロンドンでは確かにムハンマドさんによく遭遇するが、まさか1位とは思ってもみなかった。

ロンドンに移民が多いのは言うまでもないが、ウエスト・ミッドランズに属す工業都市バーミンガムは、イスラム教徒率21.8%と、全体の率4.8%に比べて相当高い割合となっている(2011年統計)。ムハンマドの人気が高い地域なのもうなずける。


イギリスの赤ちゃん、一番多い名前は「ムハンマド」?(ハフポスト)という記事を見つけた。2014年の記事だが、統計の仕方が統計元によって異なるという事情をわかりやすく説明している。

私が今回使ったイギリスの国家統計では、ムハンマドが一番多い名前となった年はない。より広い範囲のデータという意味では、国家統計の方が確実だろう。

関連記事: