【統計で見る】イギリスの自殺率:最も高いのは中年男性

イギリスを統計から見るシリーズ。

今回は重いテーマ。イギリスの自殺に関する状況について、イギリス国家統計局による「Suicides in the UK: 2018 registrations(2019年発表、当記事執筆当時の最新資料)」から、年代・性別ごとの自殺率や、自殺方法などを見ていく。また、日本との比較も簡単にしていく。自殺の理由についても、最後に少し触れている。

概要

  • 2018年にイギリスで自殺した人は6,507人。年齢調整自殺率は100万人あたり11.2人となる。この数字は2013年以降で初の増加となり、前年の2017年より大幅に増えた。

  • 2018年の自殺者のうち3/4が男性で、この傾向は1990年代半ばから変わっていない。同年の性別ごとの自殺率は男性が10万人あたり17.2人、女性が10万人あたり5.4人。男性は前年より大幅に増加しており、女性は過去10年横ばいである。

  • 45~49歳の男性が最も高い自殺率(10万人あたり27.1人)であった。女性でも最も自殺率が高いのは同年代の45~49歳(10万人あたり9.2人)であった。

  • 25歳以下の自殺率は全体的に低いが、近年増加傾向にある。特に10~24歳の女性自殺者が2012年以降大幅に増加しており、2018年には最も高い10万人あたり3.3人となった。

  • 自殺方法として最も多いのは首吊りで、男性自殺者のうち59.4%、女性自殺者のうち45.0%を占める。

  • ※自殺の理由に関しては、この統計資料ではなく違う記事の考察をベースに、当記事の最後に記載した。

イギリスの自殺者数と自殺率

2018年にイギリスで自殺した人は6,507人。前年の5,821人から11.8%増加した。また年齢調整自殺率も10万人あたり11.2人と、前年の10.1人から大幅に増加した。2013年以降初の大幅な増加だが、自殺率は年によって変動するので、この増加が今後も続く傾向かどうか判断するのは時期尚早という。

日本との比較

日本政府による2018年の自殺者統計によると、男女・全年齢を合わせた全体の自殺者数は20,840人。イギリスの6,507人と比べると3倍以上に上る(総人口は、日本はイギリスの2倍くらいある)。

全人口に対する自殺率を見てみると、日本は10万人あたり16.5人で、イギリスは10万人あたり11.2人なので、やはり日本の方が随分と高いようだ。

男性の自殺率は2018年に大幅に増加

自殺者6,507人のうち、男性は4,903人、女性は1,604人で、男性が3/4を占める。2018年の自殺者増加は主に男性の自殺者が増えたことによる。男性の自殺率は10万人あたり17.2人で、前年の15.5人から大幅な増加を見せている。

黄色が男性で紺色が女性、青色は全体の自殺率。横軸は10万人当たりの死亡者数である。

統計が開始された1981年から見ていくと、一貫して男性の方が女性より自殺率が大幅に高い。

これまで、自殺率は男女ともに全体的に減少傾向を見せてきた。男性は2013年に一度大幅に増加し、前述したように2018年にも増加したが、それでも最も高い1988年よりずっと低くなっている。女性の自殺率は過去10年比較的横ばいであり、男性より高低差は少ない。

日本との比較

前述した同資料では、日本の1978年からの自殺率推移が記録されている。それによると、男性の自殺率が女性より高くあり続けているのは同じで、男性自殺率は2003年にピークを迎えてから2018年まで、大幅に減少している。

一方、女性の自殺率は過去30年にわたって男性ほど大きな上下はないようだ。

年代による自殺率の傾向