ロンドンの家探し注意点と心構え&便利なウェブサイトまとめ

ロンドンの家探しに役立つサイトと注意点を書いていく。

私はロンドンで、過去2年で8件フラット(部屋)を移動した。その経験から少しは役立つのではないかということを書いていく。

家賃について

まず前提として、家賃について。ロンドンの家賃はとんでもなく高い。多くの人が他人とシェアして住んでいる。

個室のベッドルーム+キッチン・トイレ・バスはシェアというパターンが王道。これをフラットシェアという。

日本のアパートやマンションなどのように、シェアなしで一人で全部使える物件は、こっちではスタジオと呼ばれ、値段もシェアよりずいぶん高くなる。ロンドン中心部のスタジオで1000ポンド以下のところはほぼないか、あっても基本訳あり物件だと思っておいた方がいい。

ゾーン1に近づくほど家賃は高くなる

ロンドンはゾーン制というエリアの区切りを使っていて、ゾーン1から9まである。大英博物館とかウエストミンスター寺院とか、いわゆる観光地やオフィスがたくさんあるセンターのエリアがゾーン1。
そこから円環状にゾーン2、ゾーン3…と広がっていく。ヒースロー空港はゾーン6だ。

ゾーン1に近くなればなるほど家賃は高い。月500~600ポンド出してもシェアハウスだと思ったほうがいい。郊外に行けばいくほど家賃は安くはなるが、今度は交通費が高い。ロンドンの交通費はゾーン制で、ゾーンをまたげばまたぐほど高くなる。

中心部に近い家、遠い家、どちらがお得?

多くの企業がゾーン1に集中しており、またイベントもほとんどはゾーン1で開催される。だいたいの人は、ゾーン1付近に通う頻度が多くなるだろう。

つまり、センターに近い場所で高い家賃+安い交通費で住むか、センターに遠い場所で低い家賃+高い交通費で住むかの2択だ。

私は実際にゾーン4から1まで住んでみたが、個人的にセンターに近い場所で高い家賃+安い交通費のほうが安く済んだ。移動時間の節約にもなる。ただ、毎日センターに行くのか、どんな物件かによって変わってくるので、自分の希望条件とお財布とよく考えられたし。

ロンドンの住宅事情でいいと思ったこと

日本と比べてよい面もある。

敷金・礼金など家賃以外の費用がいらない

イギリスでは敷金・礼金はいらない。代わりにデポジットという預り金を最初に渡す必要がある。これが敷金みたいなもんかな。だいたい家賃3週間分~1月分ほど。
万が一何かを壊してしまったなど過失があったら、退去時にデポジットから修理経費などを引いたりするらしいが、普通に暮らしていれば退去時に全額返ってくる。

家具は全部ついている

引っ越しても家具の移動がいらないからロンドンは楽だ。ベッド+掛け布団からリビングのテレビ、テーブルに椅子、キッチン用品など、全部最初から備え付けだ。お皿などもある。何か新しく買う必要はない。

なので下見の時にどんな家具が置いてあるかチェックするのは大事だ。もちろん前の住人のものであったら退去時に持っていくこともあるので、前の住人が何を残していくかを聞いておくといい。

光熱費・住民税が家賃に込みになっているところも多い

シェアのフラットだと、光熱費、インターネット、カウンシルタックス(住民税)が家賃に込みになっているところもたくさんある。全込みとかビル込み(bills included)と言う。

こういう物件を探せばお得。特にカウンシルタックスはエリアや物件のクラスによって計算が違い面倒くさいので、私は今まで込みのところしか住んだことない。

ロンドンの住宅事情で大変なこと

ロンドンの人はとにかく引っ越しをよくする。なぜかというと、

  • 条件を妥協して入居するケースが多い
  • 家に関するトラブルが起きやすい

この2点だと思う。

条件を妥協して入居するケースが多い

ロンドンは基本的に家賃が高い。そして住宅不足だ。

希望の家賃でいい物件というのはすぐうまってしまう。

「もう時間もないしここでいいか…」と思って入居するものの、いい物件が出たらすぐ引っ越したい、と思う人がたくさんいるからだ。ロンドンの部屋はいつも取り合いだ。

トラブルが起きやすい

こっちだと不動産会社に頼らず自分で大家と交渉するケースが多いのと、基本的に他人とシェアハウスをするのでトラブルが起きやすい。イギリス人でも苦戦している。

ちなみに、イギリスではハウスメイトのことをフラットメイトと呼ぶ。

大家とのトラブル多発

大家選びは本当に難しい。物件が素敵でも大家とうまくいかないと地獄と化す。何かが壊れてもすぐ直してくれなかったり、デポジットを返さなかったり…大家関係のトラブルはほんと多い。

イギリス人の知人は「ロンドンの大家は半分が変人だ」と言っていた。
大家は絶対別居のほうがいい。絶対にだ。

あとは、大家がケチってセキュリティやインフラにお金をかけなかったりすると、泥棒に入られたり、極寒の冬を貧しい暖房環境で過ごすことになる。

フラットメイトもあわないと悲惨

そしてフラットメイトも相当難しい。選べないし、やはりフラットメイトとうまくいかないと地獄と化す。清潔感の違いとか、騒音とか、いろいろね。

大家とフラットメイトは、内見の時に会ってどんな人か見ることができる。でも自分より後から入ってくるフラットメイトは運だ。

私が実際に体験したトラブルのもろもろはこちらからどうぞ。

2年で8軒フラットを引越した全記録(家賃も公開)

もうこれを書いてる時点で、過去のトラブルなどを思い出して相当ミゼラブルなんだけど、ロンドンの住宅事情のいい点も書き出してみる。

さて、こうした悲劇をなるべく避けるために、家を探す時に特に注意したい点を挙げてみよう。

家探しの注意点

契約前

  • 内見には絶対に行く。
  • 気になることは後でもいいからメールでも電話ででも聞いておく。
  • 家全体の雰囲気、フラットメイトの人柄、大家の人柄を重視すること。
  • 近所の環境を確かめておく。(変な人がたむろしてないか、スーパーやお店、駅からのアクセスは許容範囲か)
  • 光熱費などビル全込みの物件を探す時は、カウンシルタックス(住民税)も込みかどうか聞く。カウンシルタックスについて詳しくはこちら→イギリスの住民税(カウンシルタックス)とは?日本との違いを解説
  • 24時間温水が使えるか聞く。(たまにそうじゃないこともあるらしい)
  • 最短契約日数が何日か聞く。(出てきたくてもその日数は出れないor違約金が発生することがある)
  • 契約書の取り交わしがあるかどうか確認する(口約束、メールだけの約束のところ多し。私は5/8がそうだった)
  • フラットメイトの人数を把握する。多ければ多いほどトラブルが起きやすいし、シェアする場所も混雑する。
  • 大家が別の物件に住んでいることを確かめる。(大家は絶対に別の方がいい)

契約後

  • デポジットの領収書は絶対にとっておく。(退去時にデポジットを返してくれずもめることも多い)
    デポジットは法によって守られるべきもの。Deposit protection schemeというシステムがあるので、このサイトを参考に、大家がこれを使っているかどうか確かめるべし。
  • (大家が日本人でない場合)英語で聞きたいこと、言いたいことは言う。
    これは本当に大事。下手でもいい。単語しか言えなくてもいい。伝えることが大事。紙に書いて予習していってもいい。あと自分に不利な条件なのに我慢してYESを言わないこと。

「日本人」のイメージ:

*大人しい、お金にクリーン、綺麗好き、真面目

こういう観点から、日本人を積極的にテナントにしたい、という大家もいる。
一方で、

*歯向かわない、英語が苦手

というイメージで、好き放題のルールを設ける大家もいる。

後者のイメージに迎合してはいけない。「NOと言える日本人になる」こと。特にMixBのフラットは、日本人テナントに絞って募集していることが多いので、この点に注意。

家探しに役立つサイト

MixB

これのみ日本語。日本語の大家や仲介者が日本人向けに出している部屋情報多数。日本語でコミュニケーションできることが多い&日本人だけのフラットを探したい人にはいいかも。

※ここで出会った物件でも、日本人外国人どちらもトラブルになった大家はいる。日本人の大家からはデポジットを返してもらえなかった(普通は全額返ってくる)ことがあった。内見の時に注意して見極めるべし。

※比較的賃料が高めの傾向がある気がする。ぼったくり?と思うようなところも。

spareroom

イギリスで一番おすすめ&現地人の誰もが使っているサイト。外国人のフラットメイトでも構わないという人はぜひ。安くていい立地の掘り出しものも見つかる確率が高い。大家別居か同居かでフィルター検索もできる。

Gumtree

テナント募集の案件は山ほどあるが、詐欺みたいなこともあるらしいので、参考写真のある物件のみ参考に。

Zoopla

シェアフラットよりスタジオが多い。エリアごとの価格帯を見るには参考になる。

ちなみに私が実際に使ったのはMixBとspareroom。

家探しで使う英単語

  • flat…一般的なシェアハウス。自分専用のベッドルーム+キッチン・バス・トイレは共用というのが大多数。
  • en suite…自分の部屋にバスルームとトイレがある。
  • studio…何もシェアせずに一人で全部使用できる物件。日本のアパートやマンションのような。
  • deposit…デポジット。入居時にひと月の家賃前後支払う。器物損壊などなければ退去時に全額返ってくる。
  • bills included…光熱費などのビル込み。
  • viewing…内見。
  • furnished…家具付き。
  • DSS…社会保障制度(生活保護とか)を受けている人。DSSお断りの物件が多い。
  • reference…前の大家からの紹介状、職場(勤めていれば)からの確認文書など。保証人制度と少し似ているかも。テナントへの信用の証拠(ちゃんとサラリーがあるか、前の家ではきちんと家賃を納めていたかなど)として求められたりする。必要ないところもある。

家探しはほんと根気とタイミングだから、コツコツやるしかない。こちらを少しでも参考にしていただければ幸いだ。

私の家探し遍歴はこちらから。

2年で8軒フラットを引越した全記録(家賃も公開)

その他、イギリスへの旅行、移住に役立つ情報はこちらから。

【お役立ち情報満載!】ロンドン生活・旅行ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。