ドイツ人直伝・簡単&最高のステーキの作り方

広告
【国際結婚】ドイツ人の生態

ドイツ人の夫はステーキを焼くのがうまい。まあドイツ人だからうまいってわけでもないだろうけど、肉に対する情熱には「さすが芋と肉の国から来た人だな……」と感心する。
レストランより美味しいので、ステーキを目的に外食に行くことはあまりなくなった。

低温調理が重要らしい。基本的に焼いてオーブンに入れておくだけなので簡単。

広告

準備

所要時間:2030分前後(オーブンに入れる時間で前後する)

材料:肉、塩、コショウ、ローズマリー(乾燥でも生でも)、調理用温度計、アルミホイル
※ローズマリーはなくてもいいけど、あった方が美味しい。温度計は必須。

肉の選び方:部位はお好きに。我が家では味のしっかりしたリブ・アイがお気に入り。ヒレは柔らか、サーロインも食べごたえがあって美味しい。

厚さは2〜2.5㎝くらいが理想。これより薄かったら焼く時間を縮めればいい。厚いと焼くのに時間がかかる。

この写真はサーロイン。

広告

調理法

1.オーブンを100℃にセットして温めておく。

2.十分に熱したフライパンに油をのばして肉を焼く。タイマーで測りながら30秒ごとにひっくり返す(ひっくり返すのに3〜5秒くらいかかるので、25秒の時にひっくり返すのがいい)。焼く時は蓋をする。

つまり、蓋をして焼く→25秒くらいの時に蓋を開けてひっくり返す→また蓋をするの繰り返しになる。

合計で3分経ったらフライパンからあげる。

3.フライパンからあげたら、塩、コショウ、ローズマリーを両面に適量まぶす。塩は結構しっかり目に。

4.アルミホイルにくるむ。

5.温度計を肉の中心に刺さるようにセットし、100℃に温めたオーブンへいれる。(お皿に乗せて入れると、取り出す時に楽)

6.ミディアムレアの場合、温度計が60℃に達するまで待つ。これでだいたい15~25分くらいかな。肉の厚さや状態によっても違うので、こまめにチェック推奨。

※60℃を超えないように注意。オーブンが100℃設定なのは、肉の温度が急上昇するのを防ぐため。3分に1回チェックできる! という人はオーブンの温度をもっと高めに設定してもいい。

ミディアムレアより焼いたほうが好きな人は、もっと温度があがるまで待つといい。

7.できあがり! オーブンに入れている間が暇なので、その間に付け合わせの野菜を作ったり、にんにくが好きな人はニンニクチップを作ったりしているといい。

中はミディアムレアで、柔らかくてジューシーなステーキになる。
ワサビやホースラディッシュソースで食べるのがおすすめ。赤ワインも忘れずに。

極厚のステーキにも挑戦。

【挑戦】極厚7cmのステーキを焼いてみた
極厚ステーキ作りに挑戦してみた。メジャーで測ってはいないけど、7~8㎝は確実にある厚み。 美味しいステーキの作り方詳細はこちらへどうぞ。 「ドイツ人直伝・簡単&最高のステーキの作り方」 リブの付近の肉なので、リブ・アイに似た濃厚な味と予想。骨込みで700グラム。 半分の厚さに切ろうか? とも怖気づいたが、せっかくこんなに厚い肉を買ってきたんだから、ということで豪快に焼いてみる。 フラ...

牛タンもさばいてみた。

【海外で日本食】イギリスで牛タンを丸ごと一本さばいて食べてみた
ロンドン生活では基本自炊しており、そのうちの8割は和食だが、やはり材料からして手に入らないものもある。こっちでは動物の内臓をあまり食べないため、普通のスーパーの精肉コーナーではモツやタンが売っていない。 イギリスの一般的な肉事情について詳しくはこちらを。 今回は、そんな私が牛タンを食べた過ぎて、ついに自宅で牛タンをさばいてしまった時のことを書いていきたい。生の牛タンの写真も出てくるので、ち...
タイトルとURLをコピーしました