この世は美しいもので満ちている。

イギリス在住のライターのサイト

エディンバラで学んだ、超シンプルなスコッチウイスキーの地域別解説

calendar

reload

エディンバラで学んだ、超シンプルなスコッチウイスキーの地域別解説

イギリスのウイスキーといえば、スコッチウイスキー。

エディンバラの「Scotch whisky experience」という、ウイスキーのことを学べる施設に行って基本を学んできたので、わかりやすくシェアするよ!初心者向けのシンプルな説明だよ。

スポンサーリンク

4つの地域で味の違うシングルモルトウイスキー

ここでは、シングルモルトの味の違いを説明する。シングルモルトとは、ブレンドしてない1種類だけのウイスキーのこと。

スコッチウイスキーのシングルモルトは、大きくわけて4つの産地にわけられる。

厳密にいうと、もっと限定的な地域としてキャンベルタウンやアイランズというところもあるらしいんだけど、施設で紹介されたのはこの4つなので、4地域について説明していく。

©Drawn by User:Briangotts as Image:Scotch regions.png and converted to SVG by w:User:Interiot.

ハイランド(Highland)

スコットランドの北側。地図では黄土色の部分。

ハイランドのウイスキーが一番飲みやすいフレーバーだと思う。とてもフルーティーでさわやか。

かなり広い地域なので、東西南北でも味の違いはあるらしいけど、概してここの地域のウイスキーは飲みやすい。

ローランド(Lowland)

ハイランドの反対で、スコットランド南側の地域。地図では緑色の部分。

一番印象にない(ごめん)のがこの地方のウイスキー。ウイスキーらしいウイスキーというか、甘すぎず苦くなく、普通。さらっとしていて、どぎつい何かはないので、スペイサイド、ハイランドの次に飲みやすい。

スペイサイド(Speyside)

ハイランドの中にある地域。蒸留所の数は一番多い。

クッキーのような甘い香りがするのが特徴。これもハイランド産のものと同じくらい軽くて飲みやすい。まあ同じ地域からきてるしね。

「ウイスキーは濃くて苦くて苦手…」という人にもお勧めできるウイスキー。甘いよ。

スコッチウイスキーといえば代表的なのが、このスペイサイドのウイスキー。

有名なマッカランなんかもスペイサイド産。

アイラ島(Islay)

地図のピンク色の小さな島。

スモーキーなウイスキーの一大名産地。ここのウイスキーはなんか、燻製を飲んでいるみたいな気分になる。笑

スコッチはピート(泥炭)を焚いて香りをつけるというプロセスがあるのだが、アイラ島のウイスキーはこの工程をガンガンやるため、とても強いスモーキーな香りがつく。

ラフロイグなんかは、かなり強烈な香り。「保健室の(消毒液の)匂い」と形容した人がいたな。
人を選ぶけど、好きな人は本当にハマってしまうウイスキー。

スコッチウイスキー地域別まとめ

  • ハイランド=フルーティー
  • ローランド=一番普通っぽい
  • スペイサイド=甘い
  • アイラ=スモーキー

飲みやすさとしては、スペイサイド=ハイランド>ローランド>>>アイラ という感じ。

以上!!

めっちゃシンプルに言ってみたけど、でも実際、だいたいこんな感じ。

香りを楽しむための飲み方

ストレートのウイスキーに、水を1滴~数滴入れて飲むのが一番香りを楽しめるそう。入れすぎに注意。

最初にストレートで味わって、そのあとに水を加えて、味の変化を見る。水数滴でも結構味が変わる。

ただそれだと強すぎてほんの少ししか飲めないので、私は氷を入れてロックで溶かしながら飲む方が好き。

製造過程見学:エディンバラの「whisky experience」

エディンバラの中心地にある、「whisky experience」ではウイスキーの製造過程を勉強することができる。

制作過程見学ツアーのみ、制作過程見学+テイスティング、など、いくつかコースがある。私はテイスティングもあるコースに行った。

ツアーの時間は決められていて、所要時間1時間ほど。時間に余裕を見て行かれたし。

ツアーは、ディズニーのアトラクションみたいな形式になっていて、ウイスキー樽の形をした乗り物に乗せられて、説明を見て回るのだ。複数言語対応の解説オーディオを渡されるので、日本語でも説明が聞ける。

乗り物から降りると、少しの間解説パネルを見ながらオーディオを聞いて回る。

img_20150918_174734467

樽の中で、ウイスキーは少しづつ蒸発していく。その蒸発した分を「天使の分け前(The Angel’s share)」と言う。なんか可愛い。

上の解説パネルに示されている通り、1年、3年、10年、25年で蒸発する量がどんどん増えていく。25年もののウイスキーが超高くなるのは、6割しかとれないからなのね。

その後、テイスティングの部屋に通される。このテイスティングが楽しかった。

4つの地域の代表的なウイスキーを嗅ぎ比べ・飲み比べる。実際に香りを嗅いでみると、それぞれの地域に特徴があって、全然違う傾向があることがわかる。

ここでは、指でこすると地域ごとの香りを嗅げるシートを渡される。それぞれの違いを確認した後、実際にウイスキーを飲んで、どの地域かを当てるクイズのような形式だった。自分の好き嫌いもわかる。

ツアーが終わると、自分が使ったウイスキーグラスは持ち帰ることができる。これはうれしい。

img_20150918_181620833_hdr中には、3000本以上ものボトルがずらり。このコレクションは、ブラジルのClaive Vidizというウイスキーマニアが35年かけて集めたもの。   img_20150918_182809040ツアーを終えてバーカウンターがあるホールに行くと、変わったデザインのボトルコレクションも並べられていた。

img_20150918_182822730犬の形をしたボトル、めちゃくちゃかわいい。欲しい。

img_20150918_182832922中にショップもあって、お土産にウイスキーやおつまみを買える。その場でもっと飲みたい人は、バーカウンターで注文もできる。

エディンバラに行く人には、ぜひこのウイスキー学習、おすすめしたい。1時間程度で少し詳しくなるし、とても楽しく学べるよ。


Scotch Whisky Experience

住所:354 Castlehill, The Royal Mile, Edinburgh EH1 2NE

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

関連記事:

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

塚田沙羅

塚田沙羅

1988年生まれ、東京出身のフリーランスライター。

東京芸大で美術史を専攻。卒業後、美術系出版社で編集者として勤務。その後、フリーランスに。
2014年冬よりイギリス/ロンドン在住。2016年にドイツ人と国際結婚。

このブログはイギリス生活情報・美術・旅の三本柱で成り立っています。

お仕事は常時募集中です。londonwriterinuk@gmail.comまでお気軽にご相談、お問い合わせください。
また、こちらから詳しい経歴もご覧ください。 [詳細]