感動した、ロンドンチューブ(地下鉄)のサービス3つ

2017年12月4日

ロンドンのチューブ(地下鉄)は、なんだかんだシステムが整っていると思う。

線によっては確かに頻繁に止まったり運休になったりして、困らせられることもある。だがそれをせめて頑張ってカバーしようという、ロンドン交通局の努力(?)も見られる。

ロンドンチューブはオンラインのサービスが日本より発達している。これはおそらく、バスも含めたほとんど全線をロンドン交通局1社が統括しているからやりやすいという面もあるだろう。

私が感動したロンドンチューブのサービス3選をあげる。

メールで運休やストの通知が来る

オイスターカードをゲットすると、自分のアカウントを作ることができる。コンタクトレスカードでもオイスターカードの代わりに使えるので、アカウントは作れる。

自分のオイスターカードナンバーを登録して、紛失・盗難があってもカードの停止、払い戻しができるので安全対策にもなる。SuicaとかのICカードも同じ機能があったよね。

captureマイアカウントはこんな画面だ。メールアドレスを登録するので、重要なお知らせはその都度メールが来る。

運休や遅延のお知らせ

screenshot_20161201-153954_ink_li

例えば、週末に特定の線が運休したりするときはメールで通知が前もって来る。

screenshot_20161201-154001

地上線(Overground)の駅、Surrey Quays~Clapham Junction間が運休中という知らせだ。続いてバスの通知もある。

screenshot_20161201-154008

最後には責任者のサインが。

これ、週末はどこが止まるかあらかじめ詳細にわかるので、とても便利だ。

まあ、そもそも止まらないでほしいというのは置いといて…。

ストのお知らせ


screenshot_20161202-104033_ink_li

ストのお知らせもあらかじめ来る。ストは本当にそもそもするな!と言いたい。

しかも通知といいつつ「今日の夜から」みたいなギリギリのお知らせだし。まあ知らないで駅に行くよりはいいのか…。

その他重要メッセージのお知らせ

screenshot_20161202-103530

 screenshot_20161202-103613_ink_li

「ロンドン内の交通について【2016年最新情報】」の記事で、2020年まで電車料金が値上げされないと書いたが、このお知らせが来たのもメールでだった。ロンドン市長が決定したらしく、サインがある(左)。

同記事に書いた、「ナイトチューブ(夜間運行地下鉄)」についてのお知らせも、メールで来た。ノーザンラインの週末夜間運行が11月18日から始まるよ~というお知らせだ(右)。

こうしたお知らせは自動的に届くので、私は重宝している。

遅延で料金払い戻ししてくれる

1電車が遅延した場合は、交通局に返金を請求することができる。マイアカウントの左側、「Service delay refund」から。

こちらから申請しなくても、「〇〇線のXX駅~△△駅区間が遅延したので返金します」と自主的に返金してくる場合もあるようだ(夫が実際にされていた)。遅延されるのは嫌だけど、これはいいシステム。

また、オイスターカードをもう使わない場合も、カードを利用停止にして、残金+デポジット(カードを買うときに払うカード代のようなもの。5ポンド。)の返金を申請できる。

イギリスに口座があれば直接口座に払い戻しOK

イギリスに口座を持っていれば、オンラインからの返金申請で、自分の口座に直接入金してもらえる。
これ、地味に便利だなと思った機能。特にキャッシュレスにしている私には、細かい現金を受け取らなくていいのでありがたい。

オンラインアカウントがない場合は、券売機でも返金申し込みをできる。詳しくは以前の記事「ロンドンの交通について」に書いたので参照してください。

screenshot_20161202-103823_ink_li

オンラインで返金申請をすると、きちんと確認メールが来る。上のメールは、オイスターカードを停止したときのものなので、「これ以後このオイスターカードは使えません」などと書いてある。

1日の料金の上限があり、それ以上は引かれない

daily capといって、ロンドンの交通機関には、1日の料金の上限が決められている。どのゾーンを移動するかによって上限が変わる。

これは、オンラインアカウントを持っている人なら、自分のページでの乗車履歴から確認できる。

私のある1日の乗車履歴を見てみよう。この日は料金の上限が適用された。

capture

これは私の乗車履歴だが、11月19日は移動をたくさんしたので、上限に達したようだ。

Bus Journeyが、2ヵ所「£0.00」になっているのがわかる。これはそれぞれ違う意味がある。

緑の↑のマークがついている箇所が、「daily capが適用された乗車」の印。

1つ目のゼロは、バスシステムによるもの。バスをいくら乗り継いでも、1時間以内なら初乗り料金(1.5ポンド)で乗れるのだ。
これはバスの乗り継ぎなので、引かれていないだけ。

2つ目、最後の段の「Bus Journey」は、乗り継ぎではないのだが、ここで1日の上限金額に達したため、料金を引かれず運賃が0になっている。

どんなに移動しても、莫大な料金を使うことはないので、お得なシステム。


意外と使用者に優しいロンドンの交通システム。

日本のように全ての電車が時間通りに来る、という便利さはないけれど、また違った便利さがあるなと思ったのでした。

関連記事: