ドイツのオクトーバーフェストの実態を暴露する

2018年5月23日

日本でも秋の風物詩と化したオクトーバーフェスト。別名「何かと理由をつけてビールを飲みまくる祭」。

ドイツ人の夫とともに、ミュンヘンのオクトーバーフェスト、マイナーなエアランゲンのフェスト(これは5月だった)に行った私が、当時を回想しながら本場オクトーバーフェストの実情を語るよ!

会場内はちょっとしたテーマパーク

img_20151001_102640032_hdr

img_20151001_103006627会場内には食べ物の屋台、可愛い雑貨やお菓子を売るお店が立ち並び、一大マーケットが出来上がっている。

2枚目は豚の肉の塊。
見た目は迫力あるけど外がパリパリ、中がジューシーで美味しいよ。

絶叫系のアトラクションやメリーゴーランドなんかもあり、テーマパークのような感じ。

皆伝統衣装のコスプレをしている

img_20151001_102315169こんな感じで。夫はしていなかったが。女の子の衣装が可愛いのよね~~。

店員さんもちゃんと衣装を着ている。

会場につくまでの道中で飲む

夫「フェストの会場に行く前に、団体ならビールを数ダース買うんだ。会場に向かいながら、どれだけ多くのボトルを開けられるか競うんだよ」

私「…その目的は?会場でも飲むんでしょ?」

夫「会場に行く前に酔ったほうが楽しいじゃないか!

私「ええ……」

ビールは最低1リットル

何十ものビールメーカーが、それぞれの店舗を構えて自分のとこのビールを売っている。

img_20151001_111252670

ビールのサイズは基本1種類しかない。1リットルだ。1杯5ユーロくらい。1杯目のビールを買うときに、1リットルマグの値段も上乗せされて15ユーロくらい払う。
会場内ではそのマグを持ち歩いて、なくなったら、また好きなビールをそこに入れてもらうのだ。

マグはお土産に持って帰ってもいいし、返却すればマグ代が返ってくる。

こーんなかわいこちゃんたちも、皆1リットルで乾杯している。ドイツ人すごい。

でもフェストのビールは美味しいんだな!

酔ってくると机の上に乗って踊る

img_20160514_104917572

ライブミュージックも会場の至る所で演奏されていて、皆酔ってくるとこのような(↑)机の上に乗って歌って踊る。

酔ってくると吼える

さらに酔ってくると、踊ったり歌ったりするだけでは物足りないのか、吼える人が出てくる。

いかついドイツ語で吼えているのはちょっと迫力がありすぎる。

ビールを飲みながら絶叫系アトラクションに乗る

img_20160514_151311250_hdr会場内は遊園地のようになっているので、アトラクションも多数併設されている。

ビールにひと段落したら、平気でこういう絶叫系に乗る。↑には、夫が友達と乗っている。

ただでさえ絶叫系が苦手な私は、簡単に酔ってしまいそうだ。

ドイツ人もベロベロに酔う

ドイツ人は確かにお酒に強い。強いが、ここではたくさんの「泥酔ドイツ人」を見ることができる。

ふらっふらでもう周りに避けられているような人とか、倒れている人とか(放置されている)、そこらじゅうで見る。

夫は5杯(=5リットル)フェストでビールを飲んだ後に、友達とバーに出かけて朝の4時まで飲んで帰ってきた後「いやあ自分があんなに酔っぱらうとは思わなかった。アルコールって後から来るんだね!」とか言っていた。

ちなみに、フェスト会場は11時で閉まる。そこは健全。


と、なかなか驚くこともたくさんあるけど、正直、ビールフェスト、めっちゃくちゃ楽しい。食べ物もビールも美味しいし、お祭り気分を味わいたいならぴったり!