海外旅行に!グーグル翻訳をオフラインで使う方法

2017年12月4日

海外旅行で困るのが、なんといっても現地の言葉がわからないこと。

私は英語以外はお手上げ。こないだカナリア諸島へ行ったときは、現地がスペイン語で英語が全く通じない飲食店もあり、チキンスープを頼んでチキンサンドイッチを出されたりしていた。

でもいちいち現地の言葉をググるのはデータ料金ももったいないし…と思っていたその時!

今更ながら「グーグル翻訳」アプリをオフラインで使えることを知った。
知っている人も多いと思うけど、知らない人も多そうなので使い方を紹介。

アプリを持っていない人は

アンドロイドならPlay Storeから、iPhoneならApple Storeからダウンロードできる。

グーグル翻訳アプリをオフラインで使う設定方法

携帯の設定が英語になっているので、画像は英語表示だけど、なるべくわかりやすいように説明するよ。

それではスタート。

screenshot_20161130-144821

アプリを開くとこんな画面になる。この設定では、この前の旅行で使った設定のまま、スペイン語(左)から英語(右)に翻訳する設定になっている。

screenshot_20161130-144826

上から4つ目の「オフライン翻訳」を開く。

辞書のダウンロード法

screenshot_20161130-144920

オフライン翻訳の画面を開くと、グーグル翻訳がカバーしている言語がバーッとリストで出てくる。

まだダウンロードしていない言語は、上のように矢印のアイコンが右側に出てくる。

オフラインで使うためには、使いたい言語のファイルをダウンロードしなくてはいけない。矢印のアイコンをタップすると「ダウンロード」できる。

screenshot_20161130-144832

上のようにゴミ箱のアイコンがついている言語は、もうダウンロードされているもの。私の携帯では、フランス語、イタリア語、スペイン語などはあらかじめダウンロードされていた。

ダウンロードされているものでも、「アップデート」「アップグレード」などの表示がある場合は、まだオフラインで使えない。そこで、「アップデート」してみよう。


screenshot_20161130-144948

試しにフランス語をアップデートしてみる。

「アップグレード」をタップすると確認画面が出る。「ダウンロード」をタップ。

screenshot_20161130-145027

ダウンロード中。1つの言語で容量はだいたい20~30MBくらい。

ダウンロードが完了した後は、オフラインで翻訳機能を使うことができる。

通信設定を「機内モード」にして、データがつながらない状態で使えるか試してみた。

screenshot_20161130-161350

フランス語から日本語へ変換。ばっちり使用可能!

グーグル翻訳は、文章だとまだ不安はあるものの、単語の翻訳だったらかなり整合性が高いので、メニューや看板、パンフレットなどの解読に役立つ。

旅行前に使う言語をダウンロードしておこう

旅行に行く前に、使う言語の辞書をダウンロードしておこう。現地でダウンロードすると通信料が余計にかかるからね!

日本語への訳は未成熟なところもあるので、翻訳してもよくわからない場合は、英語に翻訳しなおしてみるといい。
そのまま英語の意味がわかればそれでいいし、わからなかったら、英語から日本語に翻訳すればまず乗り切れるはず。

ダウンロードした言語の辞書を消したい場合

screenshot_20161130-145107

右のゴミ箱のアイコンをタップすると、辞書を消去していいか確認画面がでるので「消去(remove)」をタップ。

オフラインで使うこの方法、もっと早く知っておけば現地での解読が楽になったのにな~と思った機能だったのでした。

オフラインでグーグルマップを使う方法も記事にしました。

関連記事:

Posted by Sara