【旅行者用】円をポンドに変える最善の方法

2017年12月4日

円ポンドの両替をTransferwiseでするとどのくらいお得か検証する記事を書いたが、Transferwiseはイギリスにも銀行口座を持っている人向けだ。

そこで今回は、イギリスに銀行口座を持っていない人のための「円ポンド両替の注意点・お得情報」を書いてみる。

イギリスと日本どっちで両替するのがいいのか

両替は絶対に日本で

これ、旅行に来る人なら迷うかもしれない。結論から言う。両替はとにかく日本ですることをおすすめする。なーんだ、と思われるかもしれないが、イギリスにはろくな両替屋がない。侮ってはいけない。日本ではありえないようなことが起こるのがイギリスである。

マシな両替屋に現地で行くためだけに、慣れない交通機関を乗り継いで移動するよりは、素直に日本で両替してきた方がいい。

特にイギリスの空港ではレートが最悪なので、絶対に両替しないように。普通に20~30円高いレートでとられる。街中の両替屋はまだマシだが、それでもレートはかなり悪い。

日本でも、銀行などはあまりレートはよろしくない。なので現金を両替する場合、大黒屋などの金券ショップで両替するのが一番お得…かも?

ただ、クレジットカードを持っている人なら、現金の両替は最小限にして、イギリス滞在中はずっとクレジットカードを使う方をおすすめする。

イギリスは完全カード社会

イギリスでは現金がなくても滞在できる。どんなに小さい金額(1ポンド以下)でもカードで支払えるからだ。交通機関の料金、食べ物なども全部カードが使える。まったく現金を持たずに生活する人も多く、私の友達にも何人かいる。

また、飲食店などではカード払いでも割り勘ができる。支払いの時にスタッフに「We want to divide the bill for each」とか「We want to pay separately」とか言えば割り勘で計算してくれる。

イギリス人は、クレジットカードよりもデビッドカードを使っている人が多い。

カード払いなら、帰国時に余ったポンドを円に両替し直すなどの手間もないし、一番効率がいい。

どうしてもイギリスで両替したかったら

まあそれでもお金が足りなくなったり、何らかの事情でイギリスで両替することもあるかもしれない。

その場合、ロンドンではAce fxという両替屋を使うとレートがいい。

サイトに行くと、それぞれの通貨のレートも換算できる。
記事を書いている今、Ace fxの2016年10月11日現在のレートを見てみる。
マークしてあるところが日本円とのレート。左が「円買い」なのでここを見ればいい。1ポンド=129.27円。

ace-fx

そして実際の為替レートはこちら。yahooファイナンスのページから。1ポンド=126.18円。

yahoorate

3円程度しか差がないのがわかると思う。このレートはロンドンの両替屋では最強と言っていいほど良い。

場所はCanary Wharf、London Bridge、The Shard Arcadeの3店舗。やや東ロンドンに偏っているが、ロンドン・ブリッジ支店やシャード・アーケード支店は観光に行った際に寄りやすいんじゃないだろうか。

キャッシュパスポートも便利

キャッシュパスポートは、外国で口座を作ることなく、外国で現地通貨で引き出すことができる優れたサービスだ。
イギリスに口座がなくても、キャッシュパスポートをイギリスのATMで使うと、自分の持っている円を自動的にポンドに換金して出してくれる。
実際私はイギリスに来てからしばらくこのサービスを使っていた。

ただ欠点が2つある。

でも現金を持ち歩かなくていい、ATMですぐ引き出せるというのは大変便利だから、検討してみてもいいかもしれない。

まとめ

総合すると、一番おすすめするのは滞在中はカードを中心に使うこと。

その次にキャッシュパスポート≒国内での両替だ。イギリスではなるべく両替しないほうがいい。どうしてもするならAce fxで。

関連記事:「お金・経済」関連のカテゴリー記事