「ハニー」「ダーリン」英語で他人に呼びかける言葉は?

2017年9月13日

英語での他人への「呼びかけ」には、いろいろな種類がある。

「Honey」「Darling」は決して恋人だけに使われる言葉ではないのだ。
これは英語圏の不思議で面白い文化だと思う。日本人にはない感覚だ。

イギリスで私が聞いたものを紹介していく。私は女なので、女性への呼びかけしか書けない。男性はどう呼びかけられているのか興味あるなあ…。女性ほどバリエーションがなさそう、と思っているのは誤解かしら。

見知らぬ人への呼びかけ

従業員から客へ、など街中で見知らぬ人に言う言葉をここでは紹介する。

フォーマルな場合は、男性へは「Sir」、女性へは「Madam」。これは皆よく知っているだろう。

でもカジュアルな場所、例えばクラブやパブやケバブ屋などのファーストフード店では、「Honey」「Darling」「Dear」などと呼ばれることがある。(もちろんカジュアルな場所でも、サー、マダムを使う人もいる。)

「Hey Honey」「Hi Darling」「How are you Dear?」という感じで。

これには大した意味はない。「こんにちは」「こちらへどうぞ」くらいの意味だと思っておけばいい。

こっち(客)が複数だと、「Girls」「Ladies」「Guys(男女混合の場合)」などで呼びかけてくる。

年配の女性がよく使っている?

街中だと、年配の女性がよく使うイメージだ。ぶつかったときなどに、「Sorry」の後につけたり、ドアを開けてあげたときに「Thank you」の後につけたり。

私が今まで年配の女性に言われたのは、覚えている限りでは「Honey」「Sweetie」「Darling」「My Angel」「Sweetheart」など。

My Angelはちょっとびっくりした。私はついに天使となったのか…と(笑)。

「Honey」「Darling」は女性が(他人の)男性にも言っているのを見たことがある。たぶんお互いの年齢によっても変わる。

友達同士では使うのか?

これは難しい…完全に人による。と思う。ネイティブではないから正直わからん。

私の周りでは使わない人が多い。私としても友達同士でハニーとか呼ぶのは変な気がする。「My dear friend」などは使うけど。
グループの中で誰か男性が女性に「Honey/Darling/Dear」って言うのを見たら、「この2人は付き合っているのかな」って思うだろう。

1人、私の知り合いでいつも「Honey」って私のことを呼んでくる男性がいるけれど、出会った当初からそうだし、女の子皆にそんな感じだから、「そういう人なんだな」という感じ。
特定の人だけにそういう呼びかけを使っていたら、完全に恋仲だと思うよね…。

イギリス人が恋人に呼びかけるので、一番よく聞くのは「Honey」。「Darling」「Sweetie」は子供に使うことが多いかな。

関連記事:

英語

Posted by Sara