イギリスの謎ファッション:股まであるトップス

イギリスに来て2年半以上になるが、未だに解せないイギリス人のファッションがある。

それは、「スクール水着みたいなトップス」である。

よく言われるのは、「お尻の形丸出しのレギンスをズボン代わりに履いている人がたくさんいる」と日本人を困惑に陥れるレギンス文化だが、私はこの変なトップスももっと注目されるべきだと思う。

画像でお見せしよう。それがこちらである。

トップスだけど、脚も通すタイプの、小学校で着ていたスクール水着を思い出すこの形状。腿の付け根の辺りにボタンがついており、取り外しできる。

ファッション用語では「ボディスーツ」というらしく、もともとはブラジャーから太ももまでのガードルが一体となった下着らしいのだが、このスタイルが普通の服にも取り入れられたらしい。

トップスをスカートやパンツにインしたときに、何かの拍子に外に出ないようにということだという。
いや、意図は理解できる。この股の部分はどうせ隠れて見えないのだし、実際機能的だからいいのかもしれない。

ただ…どうしてもこの状態で売っているのを見せられると買う気が起きないのだ。デザインがよくて、「あーこれ可愛い、ほしいなー」と思っても、よく見るとこの形だったりして購入を断念したことは数知れず。

自分が着たところを想像する。スカートやパンツを身に着ける前に1度はこの間抜けな姿になるのかと思うとどうしても購入を躊躇する。

女性ならわかってくれるだろうけど、お風呂前にタイツだけになったあのシュールな姿。あんな感じの心境になるのが想像できるからだ。

この形状のトップスを売っている店は結構ある。長袖だろうが半袖だろうがVネックだろうがTシャツであろうが、見渡すとどれもこれもこのタイプ、という光景が広がっていることもある。
お洒落で可愛いロンドンガールズもスカートを脱ぐとこの状態なのかと思うと、大変シュールである。

私は最近の日本のファッションに全く疎いので、もしや日本でもこれが流行っていたりするのか…?と思い、ざっと検索してみたが、まだ日本には上陸していないか、していても広まっていないようだ。よかった。
日本に帰ってショッピングしたときに全部これになっていたら悲劇だ。

ファッション業界の人、どうなんですかね??日本でも下着ではなくトップスとしてこれを売るようになったら教えてください。

関連記事: