ポルトガル旅行で食べた料理とおすすめレストラン:豊富な魚介類と米料理

ポルトガルに旅行した日本人から、口々に「ポルトガルは料理は美味しい」「スペインよりもさらに好みかも」というポルトガル料理の高い評判を聞いていた。

「なぜそんなに日本人の口に合うのだろう……」と思っていたが、今回始めてポルトガルに行きさんざん料理を楽しんで、その理由がわかった。

この記事では、リスボンとポルトの美味しかったおすすめレストランを紹介しながら、ポルトガルで食べたものを写真付きで記録していく。

この旅の目次代わりの記事はこちらから。

ポルトガル旅行レポ:リスボン・ポルトの概要と印象、交通情報

ポルトガル料理が日本人に好まれやすい理由

ポルトガル料理が日本人と親和性がある理由を考えてみたが、以下のような要素があるからだと思う。

  • 米料理が豊富。付け合せにも米を置いているところ多し
  • 魚介が豊富。他の西洋の国ではあまりないタコや、マグロやサーモンのタルタル(カルパッチョのような、生魚をマリネしたもの)が食べられる
  • 西洋では大変珍しく、コリアンダー(パクチー)が使われている郷土料理が多い(逆にパクチー苦手な人はポルトガル料理はだめかも)

とにかくシーフード料理の宝庫! 

スペインもそうだが、ポルトガルはシーフード料理が豊富。私の住むイギリスではめったに食べられないタコなどの魚介や、生に近い魚料理(タルタルなど)が食べられるのだ。

画像はスーパーに併設されていた鮮魚コーナー。さまざまな魚がずらり。

特にポルトガルでは干したタラ(バカリャウ)をよく食べるらしく、スーパーに大量に売られていた。タラ料理はすごい数のバラエティがあるらしい。この旅で私も何回かタラ料理を食べた。

タラのグリル。ふっくらしていて美味。

こんな大きい車海老のグリルもある。ポルトガルならね。

エビのガーリックオイル焼き。間違いない美味しさ。エビのエキスが染み出した残ったオイルにパンをつければ、もうワインが進む進む。

もちろん肉料理も美味しい

牛、ラム、豚、鳥、鴨などの肉はもちろんのこと、内臓を使った料理もある。右は「トリッパ」という、さまざまな内臓の部位を豆と一緒に煮込んだもの。赤ワインとパンと一緒に食べたい。

イタリア料理にも同様のもの(そして名前も同じ。イタリアでは主にハチノスを煮込むようだ)がある。いわゆる西洋のもつ煮。内蔵を食べるところも日本と似ている。

左は「Pica-pau」という、牛肉の煮込み。店によってソースの味がそれぞれ違うけれど、とろっとした濃いめのソースで牛肉のぶつ切りを煮込んだもので、すごく美味しい。

この他、主なポルトガル料理は、「おすすめレストラン」のセクションでたっぷり紹介していく。

ポートワイン好きには飲み比べがおすすめ

ポルトワインのポルトという街はポートワインの生産で有名だ。

ポートワインとは、ブランデーを加えた甘めかつ度数が強めのワイン。普通のワインがアルコール度数13〜14%なのに対し、ポートワインは20%くらい。味も、バラエティに富んでいるが基本的にかなり甘いものが多く、食後酒として飲まれる。

「ポート」はポルト(Porto)の英語読みである。ポルトガルでは、レストランで多様なポートワインを扱っており、またスーパーでもさまざまなポートワインが購入できる。

観光客向けに、1ユーロで1ショットのポートワインを飲めるバーもある。このお店もだが、「チョコレートのカップに入って出てくる」と謳っているのをちらほら見る。

甘いものが苦手な私はやはりポートワインもそんなに飲まなかったのだが、少しは嗜んでみた。

甘みの少なめのものを店員さんが教えてくれたので、デザート代わりに。甘みもあるがかなり濃厚さもある。デザートワインの王様という感じ。8年ものや10年ものなんてビンテージもあった。

お菓子も美味しい

ポルトガルの代表的なスイーツと言えばエッグタルト。1700年代以前から伝わる伝統的なお菓子で、さくさくのパイ生地にカスタードクリームが入っている。ポルトガル語ではPastel de nata (パステル・デ・ナタ)と呼ばれる。

私は甘いものが苦手なのだが、1つ1つが小さいサイズだし、せっかくだからと朝のコーヒーと一緒に食べてみたら、美味しい! 甘すぎず、コーヒーともよくあう。

外の生地はサクサクパリパリ。中のクリームはしっかりしたものより、とろっとろのやつが好みだった。

カフェによっても結構食感や味が違うので、お気に入りを探すのも楽しいかも。

それ以外にも、ポルトガルには小さいサイズで食べやすいお菓子がたくさん。多種類のお菓子を扱うベーカリーがそこら中にあるので、甘いものが好きな人はぜひ食べ歩いてみてほしい。

おすすめレストランの箇所でも紹介するが、他に私が気に入ったスイーツで、ポートワインが入ったもっちもちのケーキ「Abade de Priscos pudding」というものがある。美味しかったなあ。

さて、ではリスボンとポルト、それぞれおすすめのレストランを紹介していく。

リスボンおすすめレストラン

ほとんどが市内中心部にあるレストラン。

Eating Bear

ここはさまざまなワインを取り揃えている他、ワインを使用したカクテルも幅広く提供してくれる。

メニューの価格は1品6〜20ユーロくらい。

前菜のタコのサラダ。細かく切ったタコにトマトや玉ねぎ、オリーブなどの新鮮な野菜がたっぷり。ソースは醤油ベースで、パクチーが香ってたまらん……! 

こちらはツナのタルタル。なんと黄身のせときた。これはもうまぐろユッケじゃん……!! しかもごま油と醤油であえてある。日本の居酒屋に来たのかと思った(錯乱)。

どうやらこの店、アジア要素を結構取り入れている店らしい。普段日本食に飢えている私には天に昇る心地だった。

エビのグリルと、ハムのデーツ(中東でよく食べられるなつめやしの実。大変甘い)巻き。エビの殻を剥いてむしゃむしゃ食べる幸せ……。

メインに子牛(veal)のグリルを頼んだら、「薄切りと塊とどっちがいいですか?」と聞かれる。薄切りを頼んだら、なんとこんな焼き肉スタイルのセットが出てきた。先程のユッケ(もうユッケ呼ばわり)でも思ったが、この店、アジアの風が吹き抜けている。

美味しい、楽しい……。

ラム肉のグリル。牛肉とラム肉にはそれぞれサラダとフライドポテトがつく。

このラム肉にはアンズとデーツが添えられている。付属のミントソースをつけたジューシーなラム肉はそれだけでも大変美味しいが、アンズの酸味とよくあう。デーツは私にはいまいちだったが、夫は美味しいととても喜んでいた。

付け合せのフライドポテトもせっかくだから温めてみる。カリカリして美味しい。

ご飯が済むと、店員さんがデザートが盛り合わせになったプレートを見本として持ってきて、丁寧に説明をしてくれた。

この「デザートおすすめタイム」は、レストランではかなりの確率で提供された。断ると冗談交じりで「デザートを食べないなんて、ノンノンだよ、美味しいよ〜?」とすごく勧誘してくる(笑)。ポルトガルはデザート大好き国なのかしら〜。

ここでは、ポートワイン入りのケーキ「Abade de Priscos pudding」というのを頼んでみたが、これがモチモチ好きの私に好みに大ヒット。ういろうとプリンの中間のような、もっちもちのぷるぷる。甘さも過度でなく、それこそういろうみたい。これはもう一度食べたい。


Eating Bear

住所:R. da Madalena 62/64, 1100-404 Lisboa, Portugal

Carmo

やや薄暗く雰囲気のあるレストラン。前菜は3〜12ユーロ、メインは13〜20ユーロくらい。

前菜のPica-pau。しっとりやわらかな牛肉を濃厚なスープに絡めて食べる。

アサリのオリーブオイル蒸し。パクチーが効いていて、こんなの美味しくないわけがない。スープまで飲み干したい(塩分を気にしてしなかったけど)。

ポルトガルの名物であるらしい、ダックライス。要は鴨飯。リゾットのような米の中に、柔らかく煮込まれた鴨肉がゴロゴロ入っている。

これがまあ、鴨の脂の旨味が米にしっかり吸い込まれて、脂と塩と炭水化物で殴ってくるある種ジャンクな美味しさだった。美味しすぎるし、一旦出されたら皿が空になるまで止まらないので頻繁に食べたら絶対にデブる。悪魔のような料理だった(褒めてる)。

夫の頼んだメインは、イベリコ豚のグリルにアスパラガスのリゾットの付け合せ。このイベリコ豚もとっても柔らかく美味しかったとのこと。見てわかるように、ポルトガル料理での付け合せは米料理が多い。


Carmo

住所:Largo do Carmo 11, 1200-022 Lisboa, Portugal

Taberna Moderna

これはランチで入ったお店。テーブルにつくなり突き出しで出されたパンとトマトのオリーブオイルマリネが、さっぱりしていてすっごく美味しかった。空腹だったのですでに半分くらい食べてから撮った写真。

旅行だし昼からロゼワインを飲むぜ。

このお店は、タパスのような小さめサイズのプレートをたくさん頼む方式。だいたい1人2皿が目安、と言われたので4種類頼む。1皿だいたい10ユーロ前後。

これはカボチャとマッシュルームのリゾット。ほんのりカボチャの甘みがあるリゾットと、上に乗ってるしょっぱいザクザクのジャーキーが合う! 

タラとクリームソース(何のソースかわからなかった、カリフラワーとかカブとか野菜系のソースだった気がしたけど)+低温調理したような卵黄。全部混ぜて食べるとトロトロクリーミーで美味し〜い。クリーム系だけど重すぎない。

ホタテ+とびっ子+小さな貝のセットに、シャーベットとサラダがついた一品。とっても美味しかったけど、ホタテ2つで11ユーロくらいしたから、コストパフォーマンス的にはそんなでもないかも。

まだ温かいホタテと冷たいシャーベットの組み合わせは斬新だった。

がっつり系もほしいね、ってことで、vasioという牛の脇腹肉(英語ではフランクステークというらしい)も頼んだ。柔らかく旨味がぎゅっと詰まった肉とフライドポテトのセット。少しずついろいろ食べられて大満足。


Taberna Moderna

住所:Rua dos Bacalhoeiros 18A, 1100-070 Lisboa, Portugal

Versículo d’O Faia

洗練された内装のレストラン。価格は前菜が10ユーロ前後、メインが15〜20ユーロ前後。ここは特におすすめ。

アジのグリルとクラッカー。ここにもパクチーが散らされている。ヨーロッパでアジが食べられることはめったに無い(私の経験上)なので、喜びいさんで注文。アジってアジにしかない独特の風味があるよね……。

下に敷かれた野菜のトマト煮と一緒に食べると、ほどよく脂ののったアジとトマトの酸味が合わさって美味しい。クラッカーは崩れるのでちょっと食べにくいけど……。

夫が頼んだ前菜。パプリカをタラとチーズで詰めたもの。美味しくないわけがない。まるでチョコとカスタードクリームのようなソースは、サフランソースにバルサミコソースを混ぜたもの。濃厚だけど上品なタラ料理。

今回の旅の食事で優勝したもの。メインのタコのグリル。レストランにはかなりの割合でおいてある料理。

美しい……輝いて見える……。

柔らかくプリプリのタコが強めのガーリックとオリーブオイルで味付けられていて、魚介類好きにはたまらない。下にはほうれん草とポテトが敷いてあり、ボリュームたっぷり。白ワインと一緒に食べて、至福のひととき。

夫のメインで、black porkと呼ばれるポルトガルの名産豚肉のグリル。脂肪分が高い豚肉らしく、ジューシーで旨味がすごい。付け合せは豆のシチュー。


Versículo d’O Faia

住所:R. da Barroca 60A, 1200-050 Lisboa, Portugal

ポルトおすすめレストラン

ポルトは日数が少なかったこともあるけど、リスボンほど美味しいレストランには当たらなかったので、紹介できるお店はそんなに多くない。

ポルトはとても小さい街で、人気のところはすぐ埋まってしまうのか、私達が旅行した時期がカーニバルと重なっていたのでたまたま人が多かったのかわからないけれど、お目当てのところに行けなかったというのもある。

Restaurant Raiz

私達のテーブルを担当する男性が「パンとオリーブオイル&バルサミコはおすすめだよ」とすすめてくれたが、いつも食べすぎてしまうしな……とお断りしたら、結局「これは僕のサービスだよ!」と言って置いていったもの。いいのか(笑)。

確かに美味しかった。だから食べすぎてしまうんだよ……。

ここは、前菜は5〜7ユーロ、メインは17〜19ユーロくらい。

前菜のタコのサラダ。タコのカルパッチョっぽい感じで、さっぱりすっきり。食欲をさらにそそる。

山羊のチーズのサラダ。癖のある山羊チーズの香りとマッチする、ほんのり甘いソースがかかっている。

メインは2つ頼んでシェア。こちらはラム肉。もりもりだ! 素晴らしい火の通り加減で、しっとりしているけどしっかり弾力もあり、食べごたえ抜群。ピスタチオとオーツ麦のクランブルと野菜のソテーが付け合せ。

こちらはブラックアンガスという牛の串焼き。でかい……。とにかく柔らかい。あと、味付けがなんだろう、なんか懐かしいというか、甘みと塩気が混ざった日本人が好きな味? で夢中で食べてしまった。

付け合せに別でトマトスープご飯を頼んだ。やっぱり米好きの私には米料理が普通にあるのが嬉しいな〜。トマト系は肉と合う。


Restaurant Raiz

住所:Largo dos Lóios 8, Porto, Portugal

Yours Bistrô

カジュアルなホテルに併設されているレストラン。宿泊客でなくても利用できる。今回はランチで利用。前菜は8〜10ユーロ、メインは15〜20ユーロくらい。

パン3種。どれもしっかりした食感のパンで噛めば噛むほど風味がある。違うフレーバーのバターが2種類ついてくるのもポイント高し。

前菜はあちこちで見かけて気になっていた魚のスープ。ポルトガルでは前菜の欄にスープが必ずある。サラッとしたスープだけど、魚介の旨味が凝縮されていてスプーンが止まらない……! パンにつけるのも超おすすめ。

エビのガーリック焼き。これ以上何も足す必要はない。シンプルに美味しい。

メインは、2人用メニューの牛肉煮込み。ご飯と焼き野菜を付け合わせに頼んだ。

牛肉はトロットロ。フォークで崩れるくらいよく煮込まれている。肉汁たっぷりの濃厚なスープがまた、とんでもなく美味しい。純粋に肉だけの煮込みなので、野菜を頼んで正解だった。

肉とご飯と野菜をよそって……こうじゃ。白米との相性が良すぎてびっくりする。お腹も舌も満たされたランチになった。


Yours Bistrô

住所:Rua dos Caldeireiros 135, 4050-140 Porto, Portugal

このポルトガル旅行の他の記事はこちらから。