ドイツ旅行で出会った美味しいドイツ料理を写真付きで紹介

夫がドイツ人なので、ドイツにはちょくちょく旅行に行く。ドイツ料理に関しては「肉と芋」というイメージしかなかったけど、ドイツに行くたびに「肉と芋」にもいろいろあるのだな、と思うようになってきた。

全体的に、ドイツのご飯は美味しい。ドイツに行った時に食べた料理を載せながら紹介していくよ。

具だくさんのサンドイッチ

img_20160809_082502359

ツナマヨ+野菜サンド。

生サーモン。具が豪快に乗っているのが好き。

img_20160809_083922260

生の豚肉をミンチにしたサンド。ドイツでは生の豚肉を食べるのか……。でもちゃんと衛生チェックはされてるらしい。

上から見るとただペーストを塗っただけに見えるけど……

img_20160809_083957774

実はこんなにぎっしり詰まっている。肉は塩コショウとハーブで味付けしてあってとても美味しい。

img_20160809_084418894_hdr

こんな感じのカフェだった。ドイツパンが棚にぎっしり。ドイツのパンは美味しいけど本当に硬い。(サンドイッチのパンは柔らかかった)

肉料理

img_20160809_122218437

とっても気に入ったビーフのカルパッチョ。あっさりしていて前菜にぴったり。

img_20160811_130419967

ドイツ料理の定番シュニッツェル。オーストリアでも定番。いわゆるトンカツ。でもこの写真見ると本当に肉と芋だな……。

img_20160810_131145418

そしてソーセージ。ソーセージ食べたいというと、「あれはファーストフードだけど、レストランじゃなくてそんなとこ入りたいの?」と言われる。ドイツ来たのにソーセージ食べずして何を食べるのか。

img_20160810_131134254

カレーソースをつけて食べるカリーヴラスト。やはり肉と芋。

ドイツで売られているソーセージは、ソーセージの国に恥じない品ぞろえである。スーパーや肉屋でいろいろと買って試してみるのもいいかも。

img_20160812_135441788

厚切りハム的なものとザワークラウト。

アイスバインという豚肉の塊。柔らかく煮てあって美味しい。プルプルしているところは脂身なので、剥がして中の肉を食べよう。

ミートボールのプレート。このカボチャサラダのような付け合わせは「ポテトサラダ」と呼ばれるもの。
ジャガイモを薄切りにして特別なソースで煮て冷ましてあって、少し酸味があって肉料理の付け合わせとしてぴったり。ドイツに行って発見した一品だ。

「グラーシュ」というビーフシチュー。私はこれが大好物。牛の旨味がよく出ていてとっても美味しいのだ。パンやポテトが付け合わせとして出てくる。

このグラーシュは水分少な目だが、もっとスープっぽいバージョンのものもある。

魚料理

img_20160812_135452692

そして! ドイツには魚料理など存在しないかと思っていたら、する!! そして美味しい!!! 

これは生ニシンの塩漬け。まさか肉の国ドイツで生魚に出会えるとは……(ちょっとしょっぱいけど)超ウマ!! 「やればできるじゃないか……」と魚の国日本国出身の謎の上から目線で感心してしまった。ドイツに行ったらぜひお試しあれ。

ちなみに、系統が似ているオランダ料理にも、生ニシンのサンドイッチがあり、激ウマだった。

トルコ料理(ケバブ)

img_20160810_195105672

ほぼ半分ドイツ料理になりつつあるのがトルコ料理。なんと「ケバブ」はトルコではなくベルリン発祥のトルコ料理だとか。イギリスと同じように、ケバブ屋が至る所にある。イギリスだとケバブは肉の種類はラムかチキンだけど、ドイツだとビーフかチキン、っていう二択も結構ある。

img_20160810_195101491

1つ上の写真がビーフで、この写真はビーフとチキンが混ざったミックスケバブ。お皿にモリモリで来た。

ジューシーな白アスパラは必食!! 

ドイツで4〜6月に出回る旬の食べ物として、白アスパラ(シュパーゲル)がある。これが超美味なので、その時期に行ったらぜひ食べてみてほしい。

私は以前、その時期に夫の実家に行って食べさせてもらったことがある。

その時の様子。アスパラを処理しているところ。

このような円筒形の鍋で茹でる。

アスパラを茹でる間にソース作り。ソースはバターの効いたオランデーズソース。

いざ、実食。

ハムが出てきた。ハムをアスパラに巻いて、ソースをかけて食べる。

こんな感じに。アスパラのハム巻きなんて美味しいに決まっているが、この白アスパラ、すごくジューシーで甘みがあって、いくらでも食べられてしまうくらい美味。緑のアスパラとは全く別の食べ物のよう。

ドイツ料理の中でもイチオシ。

おまけ

img_20160810_170104797

これは特にドイツ料理でもなんでもないのだが、ドイツはデザートの大きさが大きい気がする……。

ジェラート屋に入った時のこと。私は甘いものが苦手なので、バナナジェラートを1スクープ(ひとすくい分)頼んだ(右)。それでこの量。3スクープ分はある。そして1ユーロだった。安い。そして甘すぎてコーヒーをおかわりした。

夫は隣で日本では「デラックスチョコアイスワッフル」とでも名付けられそうなもの(左)を食べていた……。しかも飲み物はホットチョコレートだった。

デザートのキャパシティでこれだけ違う(私が甘味苦手な方だとしても)んだからそりゃあドイツ人は体格よくなるよなあ、としみじみと思った。

ちなみに夫はドイツ人にしては小さい(176cm)のでドイツに行くと人混みにうもれる。イギリスでもたまにうもれている。


ドイツ人についての考察記事はこちらから。→ドイツ人の生態

ほかの旅行記事はこちらから。→「旅」カテゴリの記事