統計

健康・医療

【統計で見る】イギリスではドラッグ関連の死亡者は年間3700人以上! 

イギリスを統計から見るシリーズ。 今回は、イギリスでドラッグ中毒による死亡者がどれだけいるのか、「イギリス人のドラッグ中毒死(2017年最新版)」について。 概要と、興味深かったものを抜粋して訳してある。 元資料:Deaths related to drug poisoning in England and Wales: 2016 registrations(PDFダウンロードもあり) イ...
2020.05.02
ロンドン・イギリス生活

【統計から読む】イギリスの子供の名前トップ10に「ムハンマド」が入り始めた

統計でイギリスを読むシリーズ。 今回はイギリス国家統計から「2016年イングランドとウェールズの子供の名前トップ10」(2017年9月時点で最新版)。 参考資料:Baby names in England and Wales: 2016(PDFもあり) 2016年の子供の名づけ状況 England and Wales   男子   女子 出生数 35...
2020.05.02
統計

イギリスの若年層ニート数は日本の3.6倍!その統計トリックとは

イギリスの国家統計から読み解いてみるシリーズ。 今回は、「イギリスの若年層ニートの数(2017年最新版)」について。統計データは2016年のものである。 興味深かったものを抜粋して訳してある。 元資料:Young people not in education, employment or training (NEET), UK: Feb 2017 (PDFダウンロードもあり) イギリ...
2020.04.30
お金・経済

【イギリス幸福度統計】仕事と幸福度は大きく関係する!役職や給料は? 

イギリスを統計から見るシリーズ「【統計で見る】イギリスの幸福度は世界19位。どんなことが幸せに影響する?」の続編記事。 この記事では、イギリス国家統計の「幸福度には何が一番関係しているか?」より、仕事・雇用状況と幸福度がどう関連するのかを見ていく。 概要と、興味深かったものを抜粋して訳してある。 元資料:Measuring National Well-being - What matters...
2020.05.02
統計

【イギリス幸福度統計】 恋愛ステータスと幸福度の関係とは? 

イギリスを統計から見るシリーズ「【統計で見る】イギリスの幸福度は世界19位。どんなことが幸せに影響する? 」の続編記事。 この記事では、イギリス国家統計の「幸福度には何が一番関係しているか?」より、恋愛関係の状況と幸福度がどう関連するのかを見ていく。 概要と、興味深かったものを抜粋して訳してある。 ※この記事の内容はあくまで統計結果であって、これにより個人の幸福度を決定するものではありません...
2020.05.02
統計

【統計で見る】イギリスの幸福度は世界19位。何が幸せに影響する? 

イギリスを統計から見るシリーズ。 国連の「世界幸福度報告書2017」によると、155ヵ国中イギリスの幸福度は19位で日本は51位。日本に比べてだいぶ高い。 何がイギリス人の幸福度に貢献しているのか、今回は幸福度に関する三つの統計結果を合わせて見ていく。 まず概要をつかむために、イギリス国家統計から「幸福度についての統計(2015年10月~2016年9月最新版)」を見ながら探っていく。 概要...
2020.05.02
イギリスの食文化

【統計で見る】イギリス人の飲酒量と好きなお酒について。最人気はビールじゃない? 

イギリスを統計から見るシリーズ。 今回は、イギリス人がどれだけアルコールを摂取しているのか? を統計から探ってみる。参考にした資料はイギリス国家統計「イギリス人の飲酒習慣(2014年最新版)」について。 概要と、興味深かったものを抜粋して訳してある。資料からの文章と区別するため、個人的な感想には(感想)とつけてある。 元資料:Adult drinking habits in Great Br...
2020.05.02
ロンドン・イギリス生活

【統計で見る】イギリスにイギリス人は何人いる?8人に1人が外国出身者

イギリスを統計から見るシリーズ。 今回は、「出生国別、国籍別のイギリスの人口(2015年最新版)」について。EU離脱前のデータだが、これが最新版である。 概要と、興味深かったものを抜粋して訳してある。 元資料:Population of the UK by Country of Birth and Nationality: 2015 (PDFダウンロードもあり) ※「出身国」「国籍」の違い...
2020.05.02
統計

【統計で見る】リーという姓は中国だけでなく英語圏にもあった! 

©Mike Mozart 白人でもリーさん、という苗字の人をたまに見かける。中国系の李さんから来ているのかな、と思っていたが、どうやら英語圏にもLeeさんという苗字はもともとあったらしい。 今住んでいるイギリスを例に、「英語圏のリー姓」について調べてみた。Ancestry.co.ukという、姓名の統計を扱っているサイトから、Lee Family Historyのページを見つけたので、そこから和...
2018.05.02