英語

英語

英語圏のタイプミスメッセージが面白すぎる【日常英会話の勉強にも?】

メールで漢字を誤変換してしまうことはよくあるが、英語でもそれはある。 英語のスマートフォンなどのタイプ画面では、打ち間違いを防ぐために自動で文字を修正してくれるという機能がある。 この機能を「auto correct(オートコレクト)」というが、実はこれが原因で大変な打ち間違いをしてしまう人が大量にいるのである。 そんなタイプミスのキャプチャを集めた投稿型サイト「Damn You Auto ...
2020.04.30
ロンドン・イギリス生活

英ポンドの「別の呼び方」2種類、知ってる? 

イギリスの通貨であるポンド、GBPとも表されるが、イギリスで生活していると、別の言い方にもしばしば出くわす。 ここではそれを紹介していこうと思う。 quid(クイッド) イギリスでは、ポンドのことをよく「クイッド」という。米ドルをbucksというのを同じ感じだ。 複数形でも形は変わらず、「20quid」などという。 ポンドに比べるとカジュアルで、いわゆる口語表現だ。もちろん、口語でポンド...
2018.05.09
英語

英語の電話で聞き取ってもらえないときに役立つツール

英語を勉強している過程、または英語圏の海外生活でぶつかる英語の壁は何と言っても「英語での電話」である。 対面で会話はできても、どうも電話では相手の言っていることも聞き取れないし、こっちの言っていることが伝わらない、という経験をした人は多いはず。そして英語での電話は怖い/嫌いな人も多いだろう。 私も未だに英語での電話は苦手意識がある。なんなら日本語でもそんなに得意ではない。顔が見えないから相手の...
2018.03.05
英語

英単語を脳内翻訳ではなく、感覚で覚えるための方法を紹介するよ

イギリス在住でも、日々英語は勉強中だ。一生終わることはないだろうな、と思う。 特に、知っている英単語の量が英語の理解度には直結すると実感している。特に英語を聞いている時。人間の脳というのは不思議なもので、知らない単語だと耳も音を拾えないのだ。だからあまりに知らない単語が多いと、内容だけでなく、単純な音すら拾えなくなる。 英単語を脳内で翻訳してから話す/聞くのではなく、「感覚で理解する」ようにな...
2020.05.07
ロンドン・イギリス生活

お酒が英会話の心理的ブロックを外すのに効果的だった

ロンドンで30日間毎日飲み会に行って友達を作った話という記事を書いたが、この時は、知らない人たちの間に飛び込んでいくのが恥ずかしかった。 ただでさえ英語なのに、毎回違う場所で知らない人と話さないといけないのだ。 だが、ひたすら会合の場に通っているうちに、お酒がその「精神的なハードル」を下げてくれることに気づいた。 日本人が英語が苦手な要因 そもそも、なぜ日本人は英語を習っているにも関わらず...
2020.05.10
交通

ロンドンの駅員による日替わりメッセージがイカす

私の家の最寄り駅タワーヒルには、駅員が毎日日替わりで「今日の言葉」をホワイトボードに書いている。 様々な偉人の名言から引用しているのだけど、なんともほっこりするメッセージの数々なのだ。 いくつか紹介してみよう。 「笑い声は時代を超え、想像力は年を取らない。そして、夢は永遠のものだ。」  ウォルト・ディズニー 「今日という日、あなたはあなただった。これは真実よりも確かな...
2020.04.30
ロンドン・イギリス生活

イギリス在住の私が感じた、イギリス英語とアメリカ英語の一番の違い

※今回は汚い言葉の話。 イギリス英語とアメリカ英語の違い、というのはいろいろ言われている。 「イギリス英語はRを巻かない」、とか「『can't』の発音はイギリスは『カント』、アメリカは『キャント』」とか、「centreとcenter、colourと colorなど、同じ単語でスペルが違う」とかね。 まあそういうことはもっと詳しい人が色々なところで記事を書いているので、おまかせして。 私も...
2018.03.04
英語

「ハニー」「ダーリン」はどう使う?英語での他人の呼びかけについて

英語での他人への「呼びかけ」には、いろいろな種類がある。 海外ドラマや映画でよく聞くのは、恋人同士が使う、「Honey(ハニー)」「Darling(ダーリン)」などだろう。 だが、「Honey」「Darling」は決して恋人だけに使われる言葉ではないのだ。 これは英語圏の不思議で面白い文化だと思う。日本人にはない感覚だ。 この記事では、イギリスで私が聞いた「他人への呼びかけの言葉」を紹介し...
2020.04.30
ロンドン・イギリス生活

イギリス人は皮肉屋?毒舌?建前と本音の見分け方

イギリス人は皮肉屋、と言われているが、それは建前と本音を使い分けるからだろう。日本人の話し方と通じるところがあるので、日本人は割と理解しやすい。 でも他の国の人、特に他の欧米人はとてもストレートなので、「イギリス人は言っていることが逆なんだ。本音が全然わからない」となってしまうようだ。 ここで、いろいろなメディアで取り上げられている「イギリス人の建前・本音・イギリス人以外の人の解釈」リストを紹...
2020.04.30