エリア別:ロンドンの入場無料の美術館リスト

2016年10月18日その他, アート解説・展示レポ, ロンドン・イギリス生活

イギリスの美術館は、常設でもとにかく展示数が多いのと、質が高いので無料の範囲内でも十分楽しめる。
この記事では、無料で入れるロンドンの美術館をリストアップしたので、美術館巡りに役立ててもらいたい。

※特別展や企画展は有料のところがほとんどなので注意。

※住所の最後のアルファベットと数字が入り混じったものは郵便番号。詳しくはイギリスの郵便番号についての記事もどうぞ。

中央ロンドン

大英博物館 The British Museum

住所: Great Russell Street London WC1B 3DG

歴史的に貴重な品物を展示している、世界で最も有名な博物館のひとつ。展示数はなんと8万点。コンプリートするには丸3日はかかる。

大英博物館の展示レポ記事一覧

ロンドン・ナショナル・ギャラリー The National Gallery

住所: Trafalgar Square, London WC2N 5DN

名画の膨大なコレクションを誇る、西洋絵画好きには絶対外せない美術館。ダビンチ、ラファエロ、カラヴァッジョ、ゴッホ、ターナー、モネなど、巨匠の作品多数。

ロンドン・ナショナル・ギャラリーの展示レポ一覧

テート・ブリテン Tate Britain

住所:Millbank, London SW1P 4RG

絵画を中心としたイギリス美術を時代順に展示している。ミレイの「オフィーリア」は目玉のひとつ。毎年秋から冬までターナー賞展が開催される。

ウォレス・コレクション Wallace collection

住所: Hertford House Manchester Square London W1U 3BN

貴族の屋敷を美術館として公開している。絵画、工芸品、装飾品のコレクションの質の高さとともに、豪華絢爛なインテリアも見どころのひとつ。甲冑や武器の大規模コレクションも見逃せない。

グラント・ミュージアム・オブ・ズーオロジー Grant Museum of Zoology

住所: 21 University St, London WC1E 6DE

生き物の骨格標本や、解剖をテーマにした小さな博物館。恐竜の化石、絶滅した古代生物の化石や骨格などもある。

フリーメイソン図書館・博物館 The Library and Museum of Freemasonry

住所:Freemasons Hall, 60 Great Queen St, London WC2B 5AZ

世界で活動する秘密結社、フリーメイソンの博物館。儀式に使われた道具や調度品の展示から、フリーメイソンの歴史を振り返る。

サー・ジョン・ソーンズ博物館 Sir John Soane’s Museum

住所:13 Lincoln’s Inn Fields, London WC2A 3BP

ジョン・ソーンズの個人コレクションを公開する博物館。ジョージアン建築様式の建物に、美術品や工芸品を独特の感性で散りばめてあり、「建築も調度品も含めてひとつの総合芸術にする」というコンセプトのもと作られた。

Gulid Hall Art gallery

住所:Guildhall Yard, London EC2V 5AE

中世から役所として使われてきたギルド・ホールに隣接するギャラリー。小さいが、名画が多数展示されている。地下には古代ローマ時代の円形劇場の遺跡を見られる展示室がある。

ハンテリアン博物館 Hunterian Museum

住所:Royal College of Surgeons of 35-43 Lincoln’s Inn Fields, Lincoln’s Inn Fields, London WC2A 3PE

※現在閉鎖中。2020年の秋にリニューアルオープン予定。

北ロンドン

大英図書館 British Library

 住所:96 Euston Rd, London NW1 2DB

もとは大英博物館の図書室であったものをひとつの博物館にしたもの。文書や本にまつわる展示を多数開催。多くの学生が勉強、研究の場として利用している。

ハムステッド歴史博物館 Hampstead Museum

 住所:Burgh House New End Square, London NW3 1LT

ロンドン・ハムステッドに位置する博物館。ハムステッドの歴史、水彩画家ヘレン・アリンガムの作品コレクションを見ることができる。

イギリス空軍博物館 Royal Air Force Museum

 住所:Grahame Park Way, London NW9 5LL

航空史、特にイギリス空軍をテーマにした展示を行う博物館。

ウェルカム・コレクション Wellcome Collection

 住所:183 Euston Rd, London NW1 2BE

医学、精神医学などをテーマにした展示が多い。創設者でコレクターのヘンリー・ウェルカム氏は薬剤師であり、製薬会社を立ち上げた人物だ。常設展も特別展もすべて無料。

東ロンドン

イングランド銀行博物館 Bank of England Museum

 住所:Bartholomew Ln, London EC2R 8AH

イギリスの中央銀行の博物館。銀行の歴史、貨幣と紙幣について銀製品コレクションなどを公開している。

ジェフリー博物館 Geffrye Museum

 住所:136 Kingsland Rd, London E2 8EA

家具やインテリアをテーマにした博物館。各種ハーブなどが植えてあるガーデンも備えている。

ロンドン博物館 Museum of London

 住所:150 London Wall, London EC2Y 5HN 

ロンドンの古代から現在までの歴史について学べる博物館。

ドックランズ博物館 Museum of London Docklands

住所:No.1 Warehouse, W India Dock Rd, London E14 4AL 

テムズ川とその付近の歴史展示。

V&A 子供博物館 V&A Museum of Childhood

 住所:Cambridge Heath Rd, London E2 9PA 

子ども・ファミリー向けおもちゃの博物館。中には世界各国、古今東西のおもちゃがたくさん。木彫りの人形から鉄道模型まで。

南ロンドン

ホーニマン博物館 Horniman Museum

 住所:100 London Rd, London SE23 3PQ 

子供連れ・家族向けの歴史・自然科学の展示。生き物の剥製が多く見られる。中にはミニ水族館も併設されている。

戦争博物館 Imperial War Museum

住所:Lambeth Rd, London SE1 6HZ

WW1から現代までの、イギリスが経験した戦争、紛争の歴史を見ることができる博物館。

国立海事博物館 National Maritime Museum

住所:Park Row, Greenwich, London SE10 9NF 

グリニッジ天文台のそばに位置する博物館。航海や船、海軍の歴史・技術について展示している。

テート・モダン Tate Modern

住所:Bankside, London SE1 9TG

コンテンポラリーアートを扱うところでは、イギリスで最大規模の美術館。現代アートをけん引するアーティストの作品が多数展示されている。

西ロンドン

国立軍事博物館 National Army Museum

 住所:Royal Hospital Rd, Chelsea, London SW3 4HT

イギリス軍隊の歴史について学べる博物館。武器や兵器、軍服のコレクションと、社会と軍隊の関係についてなどを展示している。

自然史博物館 Natural History Museum

 住所:Cromwell Rd, London SW7 5BD

自然科学に関する展示を、生物の進化、自然環境、地理などあらゆる角度から網羅した博物館。恐竜、古代生物コーナーは大人にも子供にも大人気。

科学博物館 Science Museum

 住所:Exhibition Rd, London SW7 2DD

科学技術に関する展示を行う博物館。産業革命が起きたイギリスだけあって、中身の充実度はかなりのもの。

V&A美術館 V&A Museum

 住所:Cromwell Rd, London SW7 2RL

西洋絵画、彫刻、工芸の傑作を一挙に見られる美術館。ファッションの歴史を見る展示コーナーもあり。

V&A美術館の展示レポ一覧はこちら。


夜間開館している美術館・博物館もまとめました。