ブリュッセル観光いろいろ:「小便小僧」は3人組の1人だった

2017年12月7日

1泊2日の弾丸旅行でブリュッセルに行ってきた。

ここでは有名な彫刻「小便小僧」とその仲間たち、その他教会や建築物などブリュッセルの観光についてレポートしていくよ。

初めてのブリュッセルだったというのに、「そもそもブリュッセルは観光には向かない疑惑」も今回浮上した。

「小便小僧」には仲間がいた

ブリュッセル一番の観光地、そして世界3大がっかり観光地とも言われる「小便小僧」の像。
私たちも見に行ったのだが、ガラガラのブリュッセルで唯一人がたくさんいたスポットがこれだ。

私はがっかりせずに結構楽しめた。この小僧がトリオのうちの1人だと知ってからは。

この小僧の仲間である少女と犬が、ブリュッセルの街のどこかにいるらしい。そこで我々はトリオを全部見つけるべく探索した。

ちなみに、この像は現地では「Manneken Pis」と呼ばれる。manは男性、nekenは「小さい」という意味、Pisはおしっこだ。実物は水が出ている。

作者はジェローム・デュケノワという彫刻家で、1619年に制作された。オリジナルは1960年代に紛失してしまい、今立っているこれはレプリカだそうだ。


Manneken Pis

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

小便少女

まったく目立たない路地の奥の方に少女は監禁されていた。これも水が出ている。作者は小便小僧とは違う人らしく、設置されたのも1985年と小僧よりだいぶ後だ。

昔は自由の身であったらしいが、通行人に触られすぎたのでこのように檻に入れられるようになったのだそうだ。


Jeanneke Pis

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

小便犬

そして犬も離れたところで発見した。この像からは水は出ていない。雨が降った後なので水たまりがそう見えるのがちょっとおかしい。

きりっとした顔をしているのも面白い。


Zinneke Pis

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

シュールな動物の彫刻

もう一ヵ所、上のトリオとは関係ないのだが、かなりシュールな一対の彫像を見つけてしまったので紹介。

なんでこんなポーズなんだろう…。奥が山羊で、手前がヒョウ?ライオン?のような獣。

奥の山羊。絶叫しているようにも見える。

獣。いくらなんでも反り返りすぎである。なんでこのモチーフにしたのか。


Sint-Katelijneplein

これらの彫像はこの建物の前の堀にいる。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

世界遺産「グラン・パレス」

16世紀の建築物に囲まれた広場、「グラン・パレス」は、評判通り大変美しかった。「世界で最も美しいといわれる広場」らしいが、その名に恥じない。
ブリュッセルで最も美しいと言われる「芸術の丘」よりよほど見ごたえがある。

建物は市庁舎、博物館など今でも使われている。1階には飲食店が入っている。

どれも装飾がもりもりの、金ぴかの建物なのだけど、嫌らしくなく上品な絢爛さ。

1点だけではない、360℃どこを見てもそんな建築物なのである。こんな美しい建築に「囲まれる」という体験は、そうそうできるものではない。


Grand-Place

住所:1000 Brussels

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

ブリュッセルの教会

ブリュッセルにはいくつか教会がある。そのうち2つに行ってみたのだが、内部はよく似ていた。

サン・ミッシェル大聖堂

ブリュッセルを代表する大聖堂。前の国王の結婚式もここで行われたとか。

入った時にはちょうどミサをやっていて、あまり奥まで見学できなかった。

壁には宗教画がたくさんかけられている。王家の墓がたくさんあるという。

ステンドグラスが美しいゴシック式の聖堂。このグラスは16世紀ルネサンス様式。


Cathédrale des Sts Michel et Gudule

住所:Place Sainte-Gudule, 1000 Bruxelles, Belgium

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

ノートル・ダム・ド・ラ・シャペル教会

上のサン・ミッシェル大聖堂とそっくり。

これ↑がノートル・ダム・ド・ラ・シャペル教会。

これ↑がサン・ミッシェル大聖堂。

右側中央に見える背の高い彫刻は、講壇(こうだん)と呼ばれる説教台。ここに神父が登り信者に説教をする。

寄って撮ったものがこちら。ここまで装飾性の高い講壇は珍しい。天蓋の布、鳥の羽根の表現が見事。様々なモチーフの質感をきちんと彫り分けている。

正面の祭壇。ここもステンドグラスが美しい。

ラテン語で書いてあるためこれが何なのかわからないのだが、誰かのお墓なのかもしれない。

骸骨がかなりリアル。新しそうに見えるが、下に1671年と書いてあるのでこの碑自体は古くて骸骨は後から加えられたのか、骸骨も古いのか。

この教会を出てふと遠くを見ると、壁のおじさんと目が合ってしまった。アートな街だ。


Église Notre-Dame de la Chapelle

住所:Place de la Chapelle, 1000 Bruxelles, Belgium

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

その他「旅」記事はこちら。