時代は島旅行ですよ。島に行こう、島。

2017年12月17日

昔から島が好きだ。ついつい惹かれてしまう。

島好き人間というのは一定数いると思う

日本からイギリスへ、島から島へ移住した私だけど、島好きはまだまだ衰えない。

「海を渡らないとたどり着けない」という航海士的なロマン(?)と、独自の文化を持っているところが不思議で興味深くてしょうがない。

まあ、日本人にとっては海外はどこも、「海を渡らないと行けない」場所なんだけど。だから海外も好きなのかな。なんて。

日本やイギリスは、地球の大陸からみれば小さな島だけど、島好きという観点とは違うんだよな。
もはや大陸っぽいし。大きいし。大都市があるし。人いっぱいいるし。

もっと小さい離島のような島が好きだ。
そこの歴史を見るのも、自然を感じるのも、ただぼけーっとリラックスするのも、名産品を食べるのも。私の知っているものと全然違うから。

島好きって、一定数いるよねたぶん。旅好きでも、島が特に好き、って人はいるんじゃないかな。

これからは島がアツい

島ブームって、起きたことあるのかな?これから起きるかな?

島旅行の利点をあげてみる。

安く旅ができる

まあ沖縄とかリゾート用の島はともかくね、だいたいの場合費用は安く済む。フェリーも飛行機よりは安い。特に日本は島が本島の周りにたくさんあって恵まれてるよね。

島といえば民宿。島に行ったらぜひ民宿に泊まりたい。安いしくつろげるし。もてなしもアットホームだし。
ホテルだとちょっとつまらない。せっかくだから宿の主人と話せるようなところがいい。

高いお金出さなくても、新幹線も飛行機も乗らなくても、島なら気軽に旅ができるんですよ。

食べ物が美味しい

島は海に囲まれているので、特に新鮮な魚介類が食べられる。
魚以外でも、島独自の食文化があるので楽しい。

島独自の文化に触れられる

島文化っていうのは独特だと思う。古い信仰がしっかり残っていたり、伝統の行事があったり、陸続きで他の文化圏と混ざることもないから、独自の文化が長い間保存される。

私は歴史・文化が大好きなので、島に行ってチャンスがあれば、歴史博物館とか民族博物館に行くようにしている。

地元のお寺や神社、祠にもよく行く。有名な寺社仏閣もいいけれど、私は地元の信仰が詰まった場所も、そこに住む人の祈りが感じられて大好き。

手軽に非日常感を味わえる

海を隔てるだけでこんなに「旅」感が味わえる島って言うのは、一石何鳥にもなるんじゃないか。
1人旅でも行きやすいし、「有名な観光地は飽きた」って人にもぴったり。何も海外に行く必要はない。

海も山もあるし、自然に触れて一息つくのにも最適の場所だと思う。

今までに行った、日本国内の島の中でおすすめの場所をまとめてみた。→【島旅】日本でおすすめの島はここ!

「逃避したい」って人にもおすすめ

今の時代、「逃避したい人」って多いんじゃないかな。これからもどんどん増えていくと思う。

特に日本人は、真面目(にするよう社会の目がある)だし、働きすぎだし。私もブラック企業で搾取された時代がありました…(遠い目)。

「もう全部捨てて逃げたい!どこか行きたい!でもどこに行きたいかわからない!」って人はとりあえず島に行けばいいと思う。でもそこで自殺とかはしちゃだめよ。「逃避」が目的なんだから。

疲れているときは、短い休みに無理にスケジュール詰め込んで遠い場所に行くより、近くの島に行ったほうが有意義な時間が過ごせると思う。

海を見ながら、お酒でも飲んでのんびりするといい。夜は街にいたら見られないぴかぴかの星空が見える。
行ったところで、自分は何も変わらない。でも家で腐るよりは、マシな気がする。

できれば寒くない季節にするべし。逃げた先で辛かったら意味がないし。冬に逃避したい場合は南の島に行くといいよ。

今注目しているのは、スペインの離島、カナリア諸島

canary©NASA Goddard Space Flight Center

今私が行きたいのは、Canary Islands(カナリア諸島)。

アフリカ大陸の横だけどスペイン領にある避寒地

スペイン領の群島で、アフリカ大陸の北西にある。

ヨーロッパよりかなり南なので、気候は温暖で、ロンドンが日中10℃を切った現在、カナリア諸島は20℃超えだそうだ。避寒地にちょうどいい!日本の沖縄的な。

島独特の生物や植物が生息している

全部で7つの島からなる。「犬の島」という意味で、紋章には犬が描かれている。
固有の生物種が多くて、火山島のため、至る所に溶岩で形成された地面が広がっている。

「竜血樹」というすごい名前の木の原産地らしい。英語でも「Dragon’s Blood Tree」という。

©Rod Waddington

見た目もすごい。樹脂が血のように赤くて、「竜の血」だと言われていたからこの名がついたらしい。幹から血が垂れてるってホラー…。
実はこれ、もともと見てみたかった木なんだよね。どこかで写真を見て、非現実的ですごく気になっていた。

スペイン文化なので食事はスパニッシュ

タパスやパエリアに目がない私としては天国かも。シーフードも豊富。美味しいワインもたくさんあるだろうし。
食費もイギリスよりはだいぶ安いという。

【2016年9月】実際に行ってきた!!【レポ】→

他にも島は色々行っているので、島の旅行記はこちらから。

次はどの島に行こうかな。

, 旅行レポ

Posted by Sara