その他, アート・美術

※Photos on this page are with permission of the Ashmolean Museum, University of Oxford
画像は博物館の許可を得て掲載しています。無断転載等ご ...

その他, アート・美術

以前レポートした、標本と骨だらけの博物館、グラント・ミュージアムのすぐそばに、古代エジプト文化専門のミニ博物館があるのを発見した。その名も、The Petrie Museum of Egyptian Archaeology。

その他, アート・美術

イギリスで美術館・博物館巡りをするとき、私が参考にしているサイトを紹介する。

Art Fund

イギリス全土の展覧会情報、美術館情報を網羅しているサイト。検索ならここが一番だ。

Art Fund

「w ...

その他, アート・美術

私は美術館や博物館が好きだ。ミュージアミストである。造語です。

どれくらい好きかというと、無料の美術館・博物館を見まくりたいがためにイギリスに移住してしまったくらいである(半分冗談で半分本気)。

展示レポもこの ...

お金・経済, その他, アート・美術

美術が好きで、海外旅行では思いっきり現地の美術館・博物館に行きたい。でもお金がない、ヨーロッパは高いかな…と思っている人、イギリスに来るといいよ。

というのも、イギリスは美術館好きには優しい国だからだ。無料で、日本にはない ...

その他, アート・美術, 人生・仕事

現在公開中の映画「沈黙—サイレンス—」の原作、遠藤周作の小説「沈黙」について、その素晴らしさ、読みどころを書いていく。

映画版の感想と、監督スコセッシの言葉についてはこちらから。

異文化から目を背けることは精神 ...

その他, アート・美術, 人生・仕事

異文化から目をそむけるのは、芸術面だけでなく、精神的な自殺行為です。

産経新聞の「話の肖像画」というコラムを読んでいて、この言葉を見つけた。アメリカの映画監督マーティン・スコセッシのインタビュー。スコセッシの最新作「沈黙— ...

その他, アート・美術, 人生・仕事

ブラック企業で精神を病み、自分を必死に癒そうとしていた時、DVDを借りて映画を見まくっていた。3ヵ月で100本以上は確実に見たと思う。ほぼ毎日見ていた。1日3本見るときもあった。

映画を見まくったことで、救われた部分はかな ...

その他, アート・美術, ロンドン・イギリス生活

イギリスは美術館・博物館大国だ。

美術館に行くことが日常に浸透している国なので、美術館・博物館絡みのイベントも数多くある。

日本とは違ったルールやシステムがあるので、イギリスに来る人が戸惑わないように、日本の美 ...

その他, アート・美術

イギリスでは、新年のカウントダウンの時に花火を打ち上げる。

日本とは、クリスマスと元旦の様子が真逆で、クリスマスは皆家族と家で過ごすので、街中ゴーストタウンになる。お店も全部閉まるし、交通機関すら動いていない。