大英博物館の会員になった&メンバーラウンジに潜入

2016年9月28日アート解説・展示レポ, ロンドン・イギリス生活, 大英博物館, 東洋美術

ついに大英博物館の会員になってしまった。ファンにはたまらない、いろいろと素敵なメリットがあるのだ。

年間60ポンドで様々な特典がつく

  • 有料特別展は無料で入り放題
  • 会員専用のレクチャーやイベントにも参加できる。
  • 会員専用のラウンジを使える
  • お土産ショップ、オンラインショップ、レストラン、カフェが10%オフになる
  • 友達や家族を+20ポンドでメンバーに加えることもできる。

メンバーシップは本当にお得か?

毎回有料展示を見に行きたい私みたいな人間には得。

特別展はひとつ15ポンドくらい(平均)だから、年4回行けば元はとれる。展示替えは年に4~5回だから、1回ずつしかいかなければトントンかな?チケットを買う手間が省けたり、ショップで買い物をするとき割引になるのは便利。

ただ、常設展は全部無料だし、無料の展示でも企画展みたいに展示替えがあったりするので、よほど行く人でなければいらないとも思う。

メンバー限定のラウンジに入ってきた

数日後、ラウンジ見学に行ってみた。

ラウンジ入口でメンバーズカードを見せてから、中に入る。全体的にこじんまりとしている。

一階にはカフェ。一通りの飲み物から軽食、ケーキやブラウニーなどのお菓子も売っている。

有料だけど、通常の館内の飲食物よりずっと安い。ドリンクは全部3ポンド以下。スコーンも2つで2.5ポンドだった。ラテを飲んだけど、味は普通だった。

上の階はラウンジになっていて、ソファーやテーブルに並んでいる。下のカフェでオーダーしたものを持ってきて作業できる。

博物系やアート系の本が沢山並んでいた。古い本ばかりな印象。

ラウンジは会員限定と言えどもそんなに特別感はない

全体的な感想はと言うと、まあそんなに特別な感じはなかった。思ったより狭かったのが残念だ。

コーヒーでも飲んで一息つきたいときは、飲み物は安いしいいかもしれない。
平日の昼間に行ったのに結構混んでいたし、休日はもっと混むと思うので使い勝手は微妙かも。

メンバーシップ入会はこのページからできる。

大英博物館の展示レポート

かなり詳細な展示レポートを書いています。面白い展示物がたくさん。

常設展

有料展

お役立ち美術館情報